人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.29

25歳の現場担当者に聞く飲食業における女性社員登用の実態

■連載/あるあるビジネス処方箋

「働き方改革」の一環として、女性の管理職・役員を増やす動きがある。女性社員は、この動きをどのように感じているのだろうか。

 今回は、株式会社あさくま(本社・愛知県名古屋市)の販売促進担当の伊藤愛さん(25歳)に話を伺った。

 あさくまは、ステーキ・レストラン「ステーキあさくま」などの飲食店を現在、65店舗運営する。出店エリアは名古屋など中部地方が中心で、最近は北関東や神奈川県内に拡大している。

 伊藤さんは、業績などが急拡大するあさくまの販売促進担当者として奮闘する。


伊藤 愛さん(25歳)

1992年、愛知県名古屋市生まれ。三重大学生物資源科学部(当時)を卒業後、2015年4月入社。5月より名古屋市の桜山店に配属。7月に本店へ異動し、ホール・キッチン・運営など、店舗に関する業務を経験する。2016年5月からは、四日市店(三重県)へ配属となり、店長代理として店舗経営に関わる。2016年11月に店長に昇格する。2017年5月から、東日本本部の販売促進担当に配属となる。

Q 私が2017年6月に御社を取材したとき、伊藤さんは「販売促進のエース」と聞きました。すばらしいですね。

販売促進担当は新しくできたばかりですから、現時点では担当者は私ひとりしかいないのです。担当する大きな仕事は、会社が行うイベントやフェアの企画や広報宣伝、運営などです。お客様に提供する新商品などの開発にも関わります。店長会議には毎回出て、店舗の最新の動きなどを常に把握するようにしています。

Q 異動になる前が、店長であったわけですね。踏み込んでお聞きしたいのですが、「女性社員だから、24歳で店長になった」とは思われませんか?

 それはないと思います。同期では女性社員が私ひとりでしたが、同世代の女性社員はいます。その中には、私と同じくらいの年齢で店長になった方がいます。もともと、若い社員に活躍の場を与えようという考えの会社なのです。「女性だから…」ではないと思います。

 女性の店長は、仕事の内容や責任は男性の店長と同じです。夜勤もありますし、お店の業績目標もあります。男性や女性という性別を持ち出すことは、当社ではないことです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ