人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.18

高齢化、医療費負担増、ワンちゃんも飼い主も辛い飼育事情

犬

 この十数年で、愛犬家が増え、犬の飼育環境もよくなった。塩分やカロリーなど栄養のバランスを考えたペットフードが普及し、犬の平均寿命もゆるやかに上昇。愛犬家へのアンケートでは、7歳以上の高齢期に入った犬と暮らす世帯が年々増え、犬の平均寿命も人間同様に高齢化が進んでいる(Data1)。

 Data2では、一戸建てでも、アパート・マンション住まいでも、犬のほうが猫より飼育費が高いことがわかる。その差はグラフでも明らかなように医療費の違いだ。犬は法令で毎年接種が義務づけられている狂犬病ワクチンなど予防医療費がかかる。だが公的な健康保険がないため、当然、全額自己負担。さらに年をとると、がんや心疾患、ホルモン異常など人間と同じように病気にかかりやすくなり、今後も医療費は増えていくだろう。

 そのため、最近では病気の予防や健康促進を目的とした健康グッズが人間同様、続々と開発されている。犬のための歩数計や健康管理デバイスのほか、犬用のサプリまで登場しているのだ。Data3にあるように犬用の健康食品の出荷金額は、調査した会社の数が減ったにもかかわらず、2012~2015年度までの3年間で2倍以上に増加している。

 こうして見ていくと、犬も医療費の負担を軽減するため、健康寿命を延ばすことが重視され始めている。戌年の2018年は、犬の健康視点から思わぬヒット商品やサービスが生まれるかもしれない。

【 Data1 】
愛犬の半数以上が高齢になっていた!?飼い主の人間同様、犬の高齢化も進行中!

■犬の年齢は?

犬の年齢は?

※2016 一般社団法人 ペットフード協会調べ

マンションやアパートなど室内で飼育しやすい小型犬は、大型犬より平均寿命が長い。つまり小型犬が増えたことも、全体の平均寿命を上げている要因のひとつと言えるだろう。

■犬の平均寿命
犬の平均寿命

※2016 一般社団法人 ペットフード協会調べ

【 Data2 】
ペットを飼うのにかかる費用は?飼育費が高いのは猫より犬特に医療費は2.6倍!

■1か月当たりにかかるペットの平均飼育費

1か月当たりにかかるペットの平均飼育費01

1か月当たりにかかるペットの平均飼育費02

※2016 オウチーノ調べ

医療費は一戸建ての場合で猫の約2.6倍、アパート・マンション住まいで約3.5倍かかる。特に犬の場合、医療費の割合は総コストの2割を超えている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ