人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.01

超オススメ!フルーティな大瓶ベルギービール2種

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 この連載の100回記念! 2016年2月12日スタートから2年にわたり、〆切り際どいことはあったにもかかわらず、担当のザッキーの暖かいおめこぼしにより(笑)、1度も落とすことなく毎週金曜更新し続けた快挙。振り返ると、うん、いろいろ飲んでるなあ。

石黒謙吾のLOVEビール 過去記事一覧

 そこに飲んでないビールがあれば飲んでみたくなるのがビールファン。僕も常時そんな感じだから、ベルギービール中心に、ビアパブに行くと目移りばかり。よく行くお店としては、渋谷の「ベルゴ」が最多で、新宿「フリゴ」もたまに。この系列店は、大きなガラス扉で冷蔵庫の中が見え、実物のビジュアルを見て、短いキャプションを読んで決められるところが好き。

 という点がいいわけだが、それだけに逆に言うと、迷うのだ。いつも、<飲んでないビールvs勝手知ったる間違いなく美味しいビール>の戦いが、僕の脳内で繰り広げられ、勝ったり負けたり……。すると、新しい銘柄で、ぐっと舌を掴まれる美味しいものにも出会ってしまう。結果、飲みたい定番がどんどん増えていってしまい、混迷はさらに深まっていくばかり。いや、これ、贅沢な悩みなんだけどね……。

 ということで、今回はケレン味なく、僕の超オススメの2本を紹介したい。昨年終わり頃飲んだ2本がそれ。ベルギービールの大瓶(750ml)としては、かなり安い! こんなに美味しくて質の高いビールがこの値段で飲めるのはすばらしいことだ。

 2本の共通した特徴としては、苦味、甘味、酸味、辛味、旨味、あるいは、フルーツ感、ホップ感、ロースト感、などが順番に現れること。このディレイ感が、ビールの奥深さを指し示してくれると、僕はいつも考えている。

 まずは、これ。多彩でワクワクする。1600円!

ビンク・トリプル

[ベルギー系]

■ビンク・トリプル
(ベルギー/ケルコム醸造所 度数9.0% 750ml)

素晴らしいバランスの味わいで強くオススメしたい。桃のような、いちじくのようなフレーバーで、大人のフルーティさ。そしてトリプルとは思えないほど、高い度数を感じさせないマイルドな甘味。酸味を抑えた白ワインのようでもある。苦味はあとくちでジワジワ来る。フルーティさ→甘さ→苦さ→アルコール感の順番でディレイしてくるのが愉しい。あと特筆すべきは、泡が超クリーミーなこと! 今まで飲んだビールで最高かも。あと、栓がコルクでなくプラスチックだったのも斬新!いつまでもこんもりと細かな泡が残る。料理は選ばない。スモークサーモン、クリームシチュ−、カツサンドのどれにもよく合った。
★女性タレント見立ては、【石田ゆり子】

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ