人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.27

パンク知らずでリサイクルできる!ブリヂストンの次世代ホイール&タイヤ『エアフリーコンセプト』

一見、あまり変化が少ないようにも見えるが、自転車も日々進歩を続けている。フレームの素材や形状の変化、新しい電動アシスト自転車の登場など、自転車の世界を追っかけていると、着実な進化を実感することが多い。

そんな中、突き抜けて大きな進化をしていると感じさせるのが、「ブリヂストン」が開発した自転車用ホイール&タイヤ「エアフリーコンセプト」だ。タイヤの弱点であるパンクの防止、乗り心地の高さ、ホイール全体がリサイクルできるエコロジカルな点を特長とした、次世代の自転車というに相応しいホイールを体験してみた。

ホイールとタイヤの換装が、手軽にできて、さらにその効果を実感しやすいカスタマイズとして一般的だ。特にタイヤは路面に直に接するため、自転車の「走る・曲がる・止まる」にダイレクトに関係してくる。最近のロードバイクでは、太めのタイヤを装着するのがトレンド。エアボリュームが大きいためクッションが高くなり、外径も大きくなり直進性も高まるからだ。

しかしこのエアフリーコンセプトを見てみると、薄くエアが入っていないタイヤを採用している。エアが入っていないためパンクはしないが、乗り心地には疑問を感じてしまうもの。しかしブリヂストンの開発担当者は次のように語る。

「タイヤとしては硬いものを採用しているで、クッションの役割はしません。でも、その内側の赤色の部分がエアの入ったタイヤ代わりになり、クッションの役割を果たしています。外側の黒い部分がタイヤというイメージだと思いますが、私たちとしては赤色の部分も“タイヤ”という風に考えています。一番内側の黒の部分がホイールと考えています」

実際に試乗してみると、エア入りのタイヤと変わりない乗り心地。一般的なタイヤとどこか違う点を探してやろうと、少し意地悪く思っていたが、変わったところは感じられなかった。

「赤い部分はタイヤとしての機能をもたせるために、複雑に湾曲したデザインを採用しています。この部分がしなやかにたわんで衝撃を吸収するだけではなく、十分な強度も確保しています。 またフロントのホイールはクッション性を高めるため柔らかく、リアは体重がかかるので固めの設定としています。ホイールの前後で硬さを変えているところも、違和感がなく乗れる要因だと思います」

ブレーキはホイールのリムを挟んで止める「キャリパーブレーキ」ではなく、ドラムブレーキを採用。樹脂を使っているため金属製のホイールよりも重量が軽く、それが制動力を高める要因にもなっている。不安定な感じも全くなかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ