人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.25

80年代に1000万個以上を販売したバンダイ『タマゴラス』がガシャポンで復活!

バンダイは、1980年代に大ヒットした変形玩具「タマゴラス」シリーズを『ガシャポンタマゴラス』として、2018年2月第5週より全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機で発売を開始する。価格は全4種、1回300円。

ガシャポンタマゴラス

キリン

「タマゴラス」シリーズは1984年に発売され、2年間で累計,000万個以上を販売した変形玩具だ。全高約50mmの卵型から動物や恐竜といったさまざまなキャラクターに変形する男児向け玩具で、デザイン性の高さと精密な変形ギミックが好評を博した。当時は子どもたちだけでなく、幅広い年齢層のファンに支持されていたという。

1984年当時の「タマゴラス」シリーズ

そんな「タマゴラス」シリーズの卵型とカプセルトイとの親和性が非常に高いことに加え、近年カプセルトイ特有の保護用のプラスチック製カプセルを排除し、カプセルの機能を商品自体に内包した「カプセルレス」商品を精力的に展開していることから、今回のガシャポン復活に至ったという。

ガシャポンタマゴラス

ティラノ(卵状態)

ガシャポンタマゴラス

ティラノ

ラインアップはティラノ(恐竜)、キリン、ヒョウ、パンダの4種で、現代の子どもたちの嗜好に合わせ、等身バランスやディテールなどをスタイリッシュにアレンジ。自販機からそのまま出てくる卵型の状態から、パーツ差し替えなしで完全変形する。変形前のサイズは約60mm、変形すると約95~110mmのフィギュアになり、当時の商品より約120%ボリュームアップしている。

関連情報

http://www.bandai.co.jp

文/編集部

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ