人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.24

オフィスを持ち運ぶ!?驚きの大容量の通勤用バックパック『TOKYO SOHO BAG』

 2017年4月、「どこでもSOHO」という触れ込みで、従来のバックパックに比べ大量の荷物が収納でき、しかも整理された状態で中身を取り出せるという『CLOSET BAG』が発売された。これはクラウドファンディングのmachi-yaで、目標額の300%超の成功を収めるほどの人気を集めた。そして、この『CLOSET BAG』を生み出したNOMADO(株)が、第2弾として2018年4月の販売を予定しているのが、『TOKYO SOHO BAG』である。こちらは、前作のコンセプトは生かしつつ、出張などビシネスの場でも活躍できるというもの。

 上の画像をご覧のとおり、容量の大さは今回も健在。衝撃吸収材入りのPCホルダーには15.4インチまでのノートPCを収納できるほか、タブレット、スマホ、電卓といった小型電子機器も難なく入る。くわえて書類の入ったクリアファイルなども何冊か収められ、文具、手帳、500mlペットボトル(あるいは折り畳み傘)、着替え、はては靴までも守備範囲に入る。これらの荷物は、雑然と詰め込むのではなく、しっかりと整理された状態で収まり、特定のモノを取り出そうというときに、あちこちかきまわすこともない。開いた状態で宿泊先の壁で吊るしておけば、ちょっとしたオフィス空間に早変わり。

 『TOKYO SOHO BAG』の『CLOSET BAG』からの大きな相違点は、ショルダーまたは手提げとしても使えるスリーウェイ仕様であること。ビジネスシーンに応じて、バックパックを背負っている姿に違和感のあるときなど、時宜に応じた使い分けが可能。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。