人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝受診したらごほうびがもらえる〟健康診断の気になる中身

2018.01.24

■何をもって魅力とするか

 一方、思い切った策として健診対象年齢外の40歳以下でもOKとするところ。豪華賞品を若干名に提供というピンポイント型。何かをして特典を得るのではなく、最初から特典を渡し、進んで利用してもらうことで健康増進を狙う保険者もある。

 お役所が従来にないことをすると波風が立ちやすいが、何とかしたいとの気持ちが強ければ、より魅力的な内容にするのは当然のこと。実際、まだインセンティブを導入していない保険者も、いい事例があれば参考にしたいと考えているようだ。

 そんな中、厚生労働省は2016年5月に「個人の予防・健康づくりに向けたインセンティブを提供する取組に係るガイドラインについて」の発表を行なった。そこには、

・インセンティブの報酬の内容を個人の価値観に合わせて、魅力的なものとすることが必要 (健康グッズ、社会的な表彰、商品券等)

 としながらも、

 金銭的な価値が高すぎる報酬の付与(現金給付等)は、報酬を得ることのみが目的化しやすく、慎重に考えることが必要

 との文言を入れた。

 つまり、「魅力的な報酬は必要だけど、あまり高価すぎるもの。とくに現金給付的なものはいかがなものか」と…。そういえば、最近ふるさと納税の返礼品についても同じような国の横槍(突っ込み)があった。

 皆さんはこれをどう考えるだろう?

■好事例を求めて模索が続く

 正直な話、自分がもらえる立場なら、豪華なほうがいい。現金ならなお嬉しい。逆にもらえなかった人は、自分の税金が見知らぬ誰かへの賞金に使われるのが面白くない。結果、ある自治体では抽選で1名に現金10万円を出したところ、その人に対し周辺から嫌味が寄せられた例がある。

 現金以外の魅力的な報酬って何? との根本的な疑問も出てくる。当たった賞品が本人にとって魅力あるものと限らないからだ。「これ、もう持っているんだけど」、「私の年では使わないから他のものに変えて欲しい」など声が寄せられることも珍しくない。このような問題が起きることを嫌い

・検討はしているが、今は様子見中
・とりあえず始めたみたが、成果が見えないまま模索を繰り返している
・自分ではやらないが、県がまとめてやってくれるので、とりあえず参加した

 という保険者もいる。

 さて、あなたの町ではどうだろう? 

 次回は、独自の手法で頑張っている保険者の例をいくつか紹介しよう。

文・写真/西内義雄

医療・保健ジャーナリスト。専門は病気の予防などの保健分野。東京大学医療政策人材養成講座/東京大学公共政策大学院医療政策・教育ユニット、医療政策実践コミュニティ修了生。高知県観光特使。飛行機マニアでもある。JGC&SFC会員。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。