人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.24

〝受診したらごほうびがもらえる〟健康診断の気になる中身

中高年のための健康講座(7)

第一回はこちら
第二回はこちら
第三回はこちら
第四回はこちら
第五回はこちら
第六回はこちら

 市町村国保の多くが健診受診率の低さに頭を悩ませていることは、これまでに何度も触れてきた。保険者(市区町村)としては、

・受診すれば安心できます
・生活習慣病の芽を摘み取ることができます
・無料で受けることができます
・将来の医療費が抑制できます

 などの言葉を並べ、何とか興味を持ってもらおうとしているが、

・日祝日は対応できません
・平日昼間に受診してください
・勧奨は郵便を出すだけで終わり

 と、お役所的な枠から脱することのできないところもある。

 そこで新たな方策としてここ数年増えているのが、健診や健康づくり事業を受けることで何かしらの特典を与える「健康インセンティブ」の導入だ。「健康マイレージ」もしくは「健康ポイント」などの名称で呼ばれている。

■健康インセンティブの目的と傾向

 この制度の最終的な目標は、財政を圧迫する医療費を削減することにある。そのためにはまず、病気の早期発見・早期治療に繋がる健診をより多くの人に受診してもらおうと、特典(ご褒美)を付けている。とはいえ、

・最低限達成しなければならない条件
 健診は必須としても、他に何を加えるか

・特典の当たる確率 
 もれなくか、若干名か

・意外性
 ありきたりのものか、驚くようなものか

・応募方法
 添付のはがきで応募、ポイント制で自動的に応募

・誰が主体で始めたか
 保険者が主体か。都道府県などから降りてきた事業に乗っただけか

 など、保険者により手法が異なる。

 多いのは、健診受診+2つほどの条件をクリアしたら特典交換に応募してもらう。できるだけ多くの人を満足させたいとの狙いからハズレはないが、目玉もない。広く浅く、皆さんが小さな喜びを感じてくださいというタイプ。

 無難ではある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ