人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.23

カッコよすぎる日産の3列シートのSUVコンセプト『Xmotion』

日産自動車はアメリカ・デトロイトで開催中の2018年北米自動車ショー(プレスデー:2018年1月14日~16日、一般公開日:1月20日~28日)にて、コンセプトカー『Xmotion』を世界で初めて公開した。

Xmotion

『Xmotion』は、伝統的な日本の熟練の技と最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUVで、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆したクルマでもある。相対する考え方や性質をそれぞれ明確に表現しつつ、うまく共存させることで、同車は静かでありながらダイナミック、穏やかでありながらエモーショナル、洗練されていながらタフな存在感を示している。

今回のローンチについて日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ アルバイサ氏は、次のようにコメントしている。
「『Xmotion』では、ニッサン インテリジェント モビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形とどこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華された日本の伝統工芸の要素と鮮やかなコントラストとなっています」

Xmotion

『Xmotion』には、Vモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプなど、一目で日産とわかる、ブランド独自のデザインシ グネチャーが採用されている。
より進化したVモーショングリルは、グリルの幅と奥行きを確保することで、これまで以上に力強さを表現。そのデザインは日本建築からヒントを得たもので、深みのあるカーボンカラーと高い光沢のフィニッシュにより、より印象深いものとなっている。
ブーメランヘッドランプは鍛造された鋼の剣を思わせるシャープなラインにより構成され、ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が1つのユニットに統合される。

Xmotion

リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である「組子」のディテールやパズルからインスパイアされ、ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して見せる手法を採用した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ