人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.23

説明できる?冬場の健康法「頭寒足熱」のメリット

毎年1月20日頃は、1年間で最も寒い時期「大寒」とされているが、この時期に悩みを抱えている人が多いのが、体の冷え。冷えは末梢の血管が収縮し、皮膚にくる血液が不足している状態であり、体にさまざまな不調をもたらす。その症状は、頭痛、めまい、手足のしびれ、胃のもたれ、疲労感、動悸、不眠など実に多様。リンナイが以前、冬場の冷えの実態と暖房の使用状況や満足度を探るべく、首都圏の20代~40代の男女計400名を対象に、「冬場の冷えと暖房事情」に関する意識調査を実施。この結果に関して、一級建築士でインテリアプランナーの佐川 旭(さがわ あきら)氏が分析コメントを寄せている。

■寒さがさらに厳しくなる時期が到来する中、「冷え性」の人が約6割

「冷え性」に関して調査したところ、約6割が「冷え性」であることがわかった。また、男女別で見てみると、男性の4割、女性の約8割が「冷え性」であり、女性だけでなく、男性の「冷え性」も多くいることがわかった。さらに、男女各年代別にデータを見てみると男性は20代、女性は30代が最も多く、若年層の「冷え性」が多くいることがわかった。

■「冷え性」の人が最も冷えていると感じる部位は“足先”

「冷え性」の方に最も冷えていると感じる部位に関して調査したところ、85%の人が「足先」、60%の人が「手先」と回答。また、男女別にデータを見てみると、男女ともに「足先」が8割以上、「手先」が6割以上と「末端冷え性」の人が多くいることがわかった。

【佐川氏コメント】
一般的に使用されているエアコンは、天井から温風を吹き付けるため天井付近に暖かい空気が溜まりやすくなります。そのため足元は寒くなる傾向にあります。さらに床仕上げが積層合板のフローリングであれば、無垢材の床と比べると熱伝導率が高いので、熱が逃げやすいのです。これも足元が冷える原因の一つと言えるでしょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ