人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.23

煙や火炎の感知器より早く火災を判別できるファイク・ジャパンのビデオカメラ式火災報知機

工場のプラント防災に関わる製品を提供するファイク・ジャパンは、ビデオイメージディテクション技術により火炎や煙、オイルミストを感知するビデオカメラ式火災報知機『SigniFire火災報知器』を1月15日より発売を開始する。価格は50万円~ (感知エリアやコンポーネントの内容により金額が異なる)。

『SigniFire火災報知器』は、従来の感知器と比べ使用可能距離が30mと長距離のため、天井が高い場所などでは、煙や火炎の感知器よりも早く火災の要因を感知することが可能。また、サーバーや専用のソフトウェアを使うことにより既設の防犯カメラで使用できる(ONVIFネットワーク標準規格対応カメラの場合)。

監視するモニター上で、感知した項目を色別の線やドットで囲むことにより、状況を判別できる。感知する項目は以下のとおり。
赤い箱枠/火炎
青い箱枠/煙、オイルミスト
ピンクのドット/反射した火炎
紺の箱枠/煙
黄色いX軸とY軸/モーションディテクト
グレーのラインと箱枠/判別中の状態

]SigniFire火災報知器が煙を感知した様子

SigniFire火災報知器が火炎を感知した様子

従来の煙感知器はホコリと煙の区別をつけることができないため、誤警報を引き起こす可能性があったが、『SigniFire火災報知器』は煙とホコリの識別が可能なため、そのようなリスクがない。また防護/非防護エリアの設定などプログラミングにより詳細な設定ができるため、誤作動を減らすことができる。これまで火災の早期発見が困難であった天井の高い工場や無人の場所でも、原因の特定が可能になる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ