人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経験や人脈をシェアできる「起業家シェアハウス」活用術

2018.01.23

■外国人の入居者から直接レッスン!「英語漬けシェアハウス」

 他にも、シェアハウスはビジネスパーソンにさまざまな活用がされている。中でも、英語が上達する場所もあるという。

「日本人の他に、外国人入居者もいて、英語で話すルールがある“英語漬けシェアハウス”というものがあります。シェアハウス内では、英会話レッスンを週2回開催しています。“会社を辞めなくても、日本にいながら留学と同じ環境が手に入る”というのがコンセプト。例えば、海外赴任を控えている有名企業のエリート社員の方で“仕事が忙しすぎて英会話スクールが開いている時間にとても帰れない。でも、ここなら24時に帰宅しても1時間英語を話して寝ることができるので、月に30時間トレーニングできる”と考え、入居してきた方もいます」

■シェアハウスの魅力と価値とは?

起業家・英語漬け…進化する「シェアハウス」ビジネスパーソンはどう使ってる?
(c) irodori-factory

 ビジネスの経験や人脈のシェアや英語漬けなど、シェアハウスはさまざまな活用がされていることが分かった。一聴しただけでも、シェアハウスには、非常に多くのメリットがあることが伺える。そこで、シェアハウスには具体的に、どのような魅力と価値があるのかを内野さんにうかがった。

「シェアハウスの一番の魅力は、やはり、“自分の視野を広げる機会の多さ”にあると思います。国籍、年代、職業、性別など、自分とは異なるバックグラウンドを持つ存在と近い距離で過ごすことで、信頼関係が生まれます。そして、異業種交流会ではできないような深い話を語り合ったり、一緒にプロジェクトを立ち上げたりと、深く刺激的な付き合いが実現します。“起業家シェアハウス”や“英語漬けシェアハウス”のように、モチベーションの高いビジネスパーソンしか興味を持たないような“コンセプトシェアハウス”では、人からの刺激を望んでいる人だらけなので、ますます深い刺激が得られます。互いに生き様を認め合える者同士だからこそ、一生の仲間に発展している入居者さんたちをたくさん見てきました。“社会人になって、こんな体験の味わえる環境はこれまでなかった”、“ここに住んだことで人生が変わった”と感激してもらえることがとても多いです」

 ただ一緒に設備や環境をシェアする場所ではなく、深い人脈が広がることで、自分の視野を、より深く大きく広げる機会を多数得られる場所。それが、今ドキの「シェアハウス」といえそうだ。

株式会社彩ファクトリー代表取締役・内野匡裕さん

「体験によって人生を変える」をテーマに、東京、京都、福岡にて15棟のコンセプトシェアハウスを運営。「起業家シェアハウス」「英語漬けシェアハウス」「東大合格シェアハウス」「シングルマザーシェアハウス」など、コンセプトごとに全く異なるソフトサービスを導入し、入居者が人生を前に進める環境づくりに注力している。http://irodorifactory.com/

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。