人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.22

キャリアカウンセラーに聞く30代にオススメの資格6選

30代ともなると、特に転職を考えていない場合、資格を取得する考えはなかなか起ってこないかもしれない。しかし将来どうなるか分からないこともあり、今のうちに何か資格でも取得して備えておきたいと思う人もいるだろう。また、残業削減などで時間に多少余裕ができ、何かスキルアップに充てたいという人もいるかもしれない。

そこで30代ビジネスパーソンにおすすめの資格やその難易度をキャリアカウンセラーに聞いた。

■30代のビジネスパーソンが資格を取得する意義

資格は転職を志す際や、子育てからの復帰などのタイミングで取得すると有利になることがある。しかし、それ以外では特に必要性を感じていないかもしれない。30代の一般ビジネスパーソンにとっては、「今から勉強を始めて取得できるものはあるのか?」「勉強方法は?」などの疑問もある。

株式会社キャリ・ソフィア代表のキャリアカウンセラー木山美佳さんは、30代の一般ビジネスパーソンが資格を取得する意義を、次のように話す。

●転職、独立、社内におけるアピールにも

「専門性の高い資格を取得しておくと、社内でのアピールや転職、独立開業など仕事の選択肢が広くなります。また専門知識を学ぶことで、対応できる業務も多くなり、充実したキャリア形成につながります。

30代のうちに取得しておき、関連する実務を行うとよいと思います。また2つ合わせて持つと有利な資格もあるので、1つ1つ計画的に取得していくのもよいかと思います」

●転職における資格の必要性

「転職市場では、30代は比較的動きやすい年齢です。採用において資格が必須条件でない限りは、資格を持っていれば必ず採用されるということではありません。ただ、業務に関連する資格を取得しているほうがアピールにつながります。ちなみに資格は多く書くよりは、求められているスキルや技術にピンポイントに適した資格を書いたほうがいいです。

特に選考中、他者と同じくらいの評価になった際に、資格取得者が選ばれる場合もあります。さらに、資格欄に何もない人と資格を取得している人とでは、キャリアに対する姿勢の映り方が変わります。一方で、資格は取得するだけで安心するのではなく、“使える武器”にしておくことも必要です。ぜひ資格を取得したら関連する実務経験を積みましょう」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ