人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.22

管理栄養士が指南するココアのダイエット活用法

管理栄養士が解説!ココアのダイエット活用法3選

冬の定番ドリンクといえばココアである。このココアを、冬においしく飲みながら、美活もしてみてはいかがだろうか。ココアといってもさまざまな具材を合わせることで、美活用できるのだ。そこで管理栄養士に、その美容・ダイエットへの活用法を聞いた。

■「生姜ココア」で温活・ダイエット

「生姜ココア」は、生姜とココア両方の温め効果が期待できるという。管理栄養士の小川 昭子さんに、生姜ココアのダイエットへの効果と取り入れ方教えてもらった。

「ダイエットで重要なことは体を冷やさないこと、つまり体の内から温めることが大切です。生姜とココアはダイエット・冷え対策の有効な食品の組み合わせといえます」

●生姜の温め効果

管理栄養士が解説!ココアのダイエット活用法3選

「生姜の成分は大きく2つ。生の生姜に多い辛味成分の『ジンゲロール』と、加熱すると多くなる『ショウガオール』です。生の生姜を加熱することでジンゲロールの一部が温め効果の高いショウガオールに変化します」

●ココアの温め効果

「ココアに含まれる『テオブロミン』には、末梢血管の拡張作用があるため、血流が促進され、体が温まります」

「ココアに生姜を入れ、火にかけ温めることで、生姜とココアの効果を効率的に取り入れることができます。ダイエット中であれば、砂糖不使用の『純ココア』を選び、甘みは蜂蜜やメープルシロップなど天然の甘味料を少量加えるようにしましょう」

■豆乳ココアでダイエット

続いて、豆乳とココアとの組み合わせだ。最近、市販のものでも見かけるようになった。小川さんによれば「豆乳ココア」には次のようなダイエット効果があるという。

●豆乳のダイエット効果

管理栄養士が解説!ココアのダイエット活用法3選

「豆乳には、体を作るのに欠かせないたんぱく源としての『大豆たんぱく質』や、女性ホルモンに似た働きをする『イソフラボン』、女性に不足しがちな『鉄分』も多く含まれています。また、糖質の代謝に関わり、余分な糖質をエネルギーに変える働きをする『ビタミンB1』も豊富に含まれています」

●ココアのダイエット効果

「このように栄養面で優れている豆乳に、体を温めるココアを加えて飲むことで、さらにダイエット効果が期待できるでしょう。

また、ダイエット中は気分がイライラしがちですが、ココアにはリラックス効果があります。そしてココアに含まれる『リグニン』という成分は、腸内で善玉菌を増やし、腸内環境を整えるため、便秘改善にも効果的です」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ