人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.22

ノイズの低域効果も期待できるiFlのノイズキャンセラー『iPurifilter AC』

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■Introduction

オーディオアクセサリーの中で、高い効果を発揮するのがノイズフィルターである。数百円で購入できるアモルメットコアから、数十万円するタイプまでよりどりみどりだ。私の経験から言えば、その効果は諸刃の剣で、良くなる部分があれば、悪くなる部分もあるという感じ。または効果ナシ、最悪の場合は音が悪くなる。特にパワーアンプにクリーン電源装置とか電源レギュレーターを入れた場合は賛否両論に分かれやすい。

今回は、もっとお手軽なアクセサリーでオーディオシステムを使っている空きコンセントに差し込むだけのタイプの『iPurifilter AC』だ。ノイズフィルターと聞くと汚れた電源をフィルターでろ過してキレイな電気にするイメージだが、本機はiFi Audioお得意のANC(Active Noise Cancellation)を使ってノイズをキャンセルする。これはノイズキャンセルヘッドホンと同じ原理で、電源ノイズを感知して、逆相信号を発生させてノイズをキャンセルしているという。これにより高周波だけなく全帯域でノイズを1/100に低減できる。さらにどんなオーディオシステムにも使用できる。つまりテーブルタップを使っていても効果があり、DAC、CDプレーヤー、アナログプレーヤー、プリアンプ、パワーアンプ何でもウエルカムなのだ。お値段は1万6000円のハイコスパ。これはぜひ拙宅でも試してみたい。特に真空管アンプの飛び込みノイズ低減に期待!


一般的なパッシブノイズフィルターに比較して『iPurifilter AC』は全周波数帯域でマイナス40dBの高いノイズ低減効果が得られる


外見は大型電解コンデンサーのように見える。


天面に2個のLEDがあり、緑と赤に点灯することで電源状態をモニター。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ