人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「孤独」はタバコ15本分の健康被害と2倍の肥満リスクを伴う!?

2018.01.22

 2013年に発表された研究によれば、Facebookを利用した時間が長いほど、孤独感が深まるなど生活上の満足感が低下するという驚きの研究結果が報告され、それまでのSNS礼賛ムードに水を差している。いつでも他者と接触できるのが真髄であるはずのSNSを利用することで、逆に孤独感を強めてしまうというのは皮肉すぎる結果だろう。いったい何が起っているのか?

 SNSのどのような要素が少なくない数のユーザーの孤独感を育む源になっているのか? それはSNSが醸し出しているあまりにもポジティブな雰囲気にあるという。昨年の「Social Media Week」の記事によれば、SNSではそれぞれのユーザーが自分の生活の良い部分だけを見せてシェアしているという。投稿画像などで生活上の良い部分を見せ合って褒めあうことは、いわば虚飾の上塗りを重ねる行為でもあり、これを続けるほど皮肉なことにその人物のとの精神的な距離は徐々に広がってくるのである。まさに“褒め合いの悪循環”を続けることで精神的にも疲れ、疎外感、孤独感すら感じてきてしまうということだ。

 しかし多少の疎外感を感じてもSNSに固執する人々も多い。そこまでして人をSNSに執着させているのが、FOMO(Fear Of Missing Out)と呼ばれる「取り残されてはならなない」という心理だ。ちなみにこのFOMOは学術用語ではなく、2011年に「New York Times」がこの現象を取り上げ記事の中でこの心理を「FOMO」と名付けたことで知られるようになった。そしてこのFOMOの症状を帯びた人が、本当に“SNS疲れ”を起してしまった場合はかなり危険であることはいうまでもない。最悪の場合は深刻な精神疾患にさえ繋がることさえあるのだ。そこに潜んでいる危険性をじゅうぶん承知した上で有意義にSNSを活用したいものだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。