小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

魚の油には脂肪燃焼細胞を増やす効果があるって知ってた?

2018.01.22

■今、改めて見直したい「魚食」。人気の魚と魚の料理メニューとは?

 日本では古くから発達してきた米と魚文化。しかし1960年(昭和35年)ころから洋風化が急速に進み、米消費の減少と肉・乳製品の需要の増加が目立っていった。そして1988年(昭和63年)には、肉・乳製品の供給量が、魚介類をついに追い抜いたのだという。

 このような中、魚食は一時期減っていったように見えるものの、「和食」が2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されてから、世界的に和食が注目されるようになったこともあり、改めて魚食への回帰ムードが起きているようだ。

 健康・ダイエット志向の人にとっても、魚油の効果はぜひ得たいものである。そこで、日本の魚食の魅力を改めて見直すために、魚食がどのように親しまれているかを紹介しよう。

●「魚好き」がお気に入りなのはアジ、サバ、ブリ、ハマチ

「ととけん」こと、日本さかな検定が2015年に行った調査によれば、同検定受検者がお気に入りの魚介のランキング1位はアジ、2位はサバ、3位はブリ・ハマチ、4位はイカ、5位はマグロという結果に。一方、一般生活者については、1位はマグロ、2位はサケ、3位はエビ、4位はカニ、5位はサンマという結果になっており、魚好きの目利きがうかがえる。(参照元「TBS総合嗜好調査2015」)

●「魚好き」が好む料理はシンプル!

 また魚の味わい方をよく知っている魚好きたちがお気に入りの魚介料理は、1位まぐろ刺身、2位さんま塩焼き、3位いか刺身、4位かつおたたき、5位あじなめろう、とシンプルな料理が続いた。ちなみに「なめろう」とは、もともとは漁師料理で、魚を下ろして味噌とネギやショウガなどの香味野菜などをたたき合わせて作る料理だ。サンマやカツオなどのなめろうもある。

 いずれにしても、魚本来の味が楽しめる、味付けも至極シンプルな料理が、魚食を存分に楽しむポイントといえそうだ。

 また、魚食は、その料理の幅も非常に広いことも、魅力の一つといえる。ぜひ焼き魚や煮つけ、刺身、寿司など、和食回帰の意味でも、脂肪燃焼効果の意味でも、日々の生活の中に取り入れてみたい。

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。