人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知能化を体現し完成度を高めたポルシェの新型『カイエン』

2018.01.22

■商品として魅力的か? ★★★★(★5つが満点)

 満点を付けたいところだが、オフロードでのテスト距離が短かかったことと、運転支援デバイスを試す距離も短かったことから、★をひとつ保留しておきたい。先代までの『カイエン』オーナーならば、新型を魅力的に感じるだろう。SUVでありながら『911』や『ボクスター』などを彷彿とさせるスポーティーな運転感が備わり、実用性も高いという『カイエン』の美点を新型は余すことなく継承しているからだ。

『カイエン』に乗ったことのない人にも、ポルシェ・ブランドに期待するものを新型『カイエン』は具現化している。どちらの人々にも新たな価値となっているのは、アクティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキーピングアシスト(LKAS)などの運転支援デバイス、LEDヘッドライトなどが標準装備されたのは大きなチャームポイントだろう。

 すでに、スポーツカー系の『911』や『ボクスター』『ケイマン』などにも標準装備されている「ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム」(PCM)はインターネットへの常時接続を実現し、それも新型カイエンは標準装備している。つまり、ポルシェといえども、クルマの知能化に積極的に取り組んでいるのだ。先代以前の『カイエン』の魅力を発展させ、そこに知能化という新しい価値を盛り込み、いまやポルシェ社の大黒柱に発展した新型『カイエン』は万全の構えを見せていた。

■関連情報
https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=2017-12-15&lang=jp

文/金子浩久

モータリングライター。1961年東京生まれ。新車試乗にモーターショー、クルマ紀行にと地球狭しと駆け巡っている。取材モットーは“説明よりも解釈を”。最新刊に『ユーラシア横断1万5000キロ』。

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。