人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.22

キヌア、フリーカ、タカキビ、人気の古代穀物を美味しく食べるコツ

古くから食されており、栄養価が並外れて高いという「古代穀物」が今ブームだ。キヌアやフリーカなどは聞いたことがあるだろう。しかし、これらの食材を入手したとしても、「どうやって食べればいいの?」と、日本人の食生活への取り入れ方には困ってしまう。

そこで、これらの「古代穀物」の取り入れ方や、日本人にとってのおいしい食べ方を、古代穀物を日常的に活用している料理研究家に聞いてみた。

■今イチオシの古代穀物3つ

古代穀物とは、古代帝国など、太古の昔から食されてきた穀物のこと。今、注目を集めている理由として大きいのは、その栄養価の高さではないだろうか。

そんな注目の古代穀物のうち、料理研究家の山崎志保さんイチオシのものを尋ねたところ、「キヌア」「フリーカ」「タカキビ(モロコシ)」の3つが挙がってきた。

●キヌア

キヌア

南米のアンデス山脈一帯を原産とする。数千年も前から食されているといわれる。食物繊維が玄米の約10倍。鉄や亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも豊富。葉酸が特に多い。白米の2倍のたんぱく質、必須アミノ酸をバランスよく含み、ビタミンBも豊富。

●フリーカ

地中海・中東諸国で古代から食されている古代穀物。小麦を収穫時期よりも前の、まだ緑色の時期にローストして乾燥させたものだという。食物繊維は玄米の約4倍。こちらもビタミン・ミネラルが豊富。

●タカキビ(和名:モロコシ)

アフリカが原産地だそうだが、今では世界中で栽培され食されている。日本では「モロコシ」の名で知られる。米国では「ソルガム
、中国では「コーリャン」と呼ぶ。粒は赤茶色。食物繊維が白米の約20倍、たんぱく質、マグネシウムや鉄分、カリウム、ビタミンB1が豊富。赤い部分にはポリフェノールも。

■古代穀物を食生活にうまく取り入れるには?

しかし、現代人にとっては、これらの慣れない古代フードを目の前にすると、少々面食らってしまうところがある。しかし、その栄養価の高さゆえに、なんとかして取り入れたい気もする。そこで山崎さんに、より、3つの古代穀物を取り入れやすい方法を教えてもらった。

・ゆでてサラダに混ぜる
・米と一緒に炊飯する
・スープなどに入れる

「毎日、簡単に取り入れるということであれば、炊飯時にお米に混ぜたり、スープなどに入れたりするのが簡単で、無理なく続けられるのではないかと思います」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ