人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.22

短時間の仮眠で寝起きの不快感を取り除くスマートアイマスク『Naptime』

Earth Shipはクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」において、短時間の睡眠で寝不足や疲労にアプローチして、寝起きの不快感を取り除く世界初の仮眠専用スマートアイマスク『Naptime』の先行予約販売を開始した。本製品は香港のスタートアップ「Entertech」がindiegogoにて発表した最新のIotグッズ。睡眠時間の短い日本人の生産性を上げることを目標に新しい仕事効率化の普及を目指すという。
メーカー希望小売価格(予定)は、1万9800円(税込)。GREEN FUNDINGでは先行予約割引として定価の10~50%OFFのコースが用意され、製品は2018年3月上旬ごろの発送予定となっている。なお、クラウドファンディング期間は2018年2月20日(火)まで。

Naptime

非営利研究機関ランド・ヨーロッパの調査研究では、寝不足で仕事をすることの低生産性を明確に指摘しており、経済損失額にすると日本は約15兆円、米国では約47兆円。国内総生産(GDP)で見た場合、これほどまで大きな損失を出すと試算している。
また、1日の睡眠時間が平均6時間を下回る人は、7〜9時間の人に比べて、死亡リスクが13%高くなるという指摘もある。

特に、日本の睡眠時間は世界的にみてもとても短く、労働時間に対しての生産性が低いことがわかっている。そんな日本人にこそパワーナップのような短時間で生産性を上げることのできる、質の高い睡眠が必要だといえる。

このパワーナップ (完璧な仮眠) とは、10~20分程度の短い仮眠のこと。NASAでもこの睡眠法を取り入れることで記憶機能が改善することが認められており、調査結果ではパワーナップで認知機能が最大40%向上。休息を取らずに働いた人は知能検査で得点が低くなったという。
そんなパワーナップを効果的に行なうためには10〜20分程度の短い睡眠が必要。しかし、個人差や状況によってこの睡眠時間の長さは毎回異なり、睡眠が深くなる前に目覚める必要がある。
『Naptime』は脳波の活動を分析し、ユーザーが深い睡眠に入る前に適切な音楽を流し、不快感なく目覚めさせてくれる。

Naptime

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ