人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.22

SNSでビジネス人脈を広げるテクニック

ビジネスの人脈を広げる方法といえば、仕事上の知り合いづての紹介やセミナー、ワークショップなどが一般的だ。そんな中、昨今はSNSでビジネスの人脈を広げる人もいるようだ。そこで普段からSNSでビジネス人脈を広げている識者に、その方法やコツを聞いた。

■人脈を広げるのによく使うSNS

日頃からSNSでビジネス人脈を広げているという複業家(企画・エバンジェリスト)の田村悠揮さんは、ふるさと納税やチームワークのエバンジェリストとして、全国で年間100件近い講演やワークショップを実施している人だ。どんなSNSでどのように人脈を広げているのだろうか。

「Facebookも使いますが、自分の場合Wantedly(ウォンテッドリー)*をよく活用しています。Wantedlyは、シンプルに採用ツールとして利用する人も多いと思いますが、私は面白いアイデアや熱い想いで取り組んでいるチームを、タイムラインから見つけることのできるツールと捉えています。

近年は働き方も変わってきおり、少しでも自分が役立てる可能性があれば積極的に『話を聞きに行く』をクリックして企業にお邪魔しています。結果的に即採用にならずとも、お互いに長期的に協力できる可能性を見出せる場合も多く、それをきっかけに面談した方と友人としてつながることが多くあります」

* Wantedly(ウォンテッドリー)とは
ビジネスSNS。自身のキャリアプロフィールを登録し、会社の求人やプロジェクトへアプローチできる。リクルーティングツールとしてだけでなく、人脈の構築や管理、ビジネスの情報収集にも活用されている。

■SNSでビジネス人脈を広げるためのテクニック

田村さんは、WantedlyなどのSNSで、どのようにビジネス人脈を広げているのだろうか。

「まず自分のこれまでしてきた経験や体験、スキルをSNS上で積極的に発信していきます。その際に、相手目線で、“どのように興味をもってもらうか”の視点で発信することがポイントだと思っています。相手が関心を寄せてくれるような、ちょっとした自分の考えやこだわりを添えるようにしています。

また、自分から相手に、積極的に知り合いなどの人の紹介をするのも、ビジネス人脈を広げるコツです。そうすれば、相手からも紹介してもらえることが多いです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ