人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.21

「今年、家計にゆとりができそう」だと思う主婦はわずか1割

厚生労働省「厚生労働白書」、内閣府「男女共同参画白書」などによれば2016年の共働き世帯数は1129万世帯。これに対して専業主婦世帯は664万世帯だった。
主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』の調査機関しゅふJOB総研は、そんな『家計と稼ぎ方』について働く主婦層にアンケート調査を実施。その回答状況をデータ分析結果と併せて公開した。

家計と稼ぎ方

家計と稼ぎ方

まず2018年の家計については、「苦しくなりそう」48.9%、「ゆとりできそう」11.9%との結果が出た。また家計を増やすには、「副業(雇用契約)」39.2%、「ポイントためる」31.8%との回答が上位となった。

<家計が苦しくなりそうと回答した人>
・給料も上がらないし、景気も良くならない。なのに、物価は上がる(40代:パート/アルバイト)
・子供が大きくなり教育費が増えるから(40代:パート/アルバイト)
・介護などで普通に働けず、仕事がなくなり、さらに医療費でかさむことが予想される(40代:SOHO/在宅ワーク)
<家計にゆとりができそうと回答した人>
・主人が昇給したため(40代:派遣社員)
・日本経済が潤い、バブルの始まりのような風潮になる事で、個々の暮らしも良くなると思うから(50代:パート/アルバイト)
・そのように思っていかないと、頑張れないからです(50代:SOHO/在宅ワーク)
・子供が社会人になり教育費がかからなくなるから(50代:パート/アルバイト)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ