人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.21

完全自動運転に近づく運転支援システムを標準装備したメルセデス・ベンツの新型『Eクラス カブリオレ』

メルセデス・ベンツ日本では、新型「Eクラス カブリオレ」を発表。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、注文受付を開始した。納車は本年3月頃の予定。

E 200 カブリオレ

E 200 カブリオレ

E 200 カブリオレ

メルセデス・ベンツ「Eクラス カブリオレ」は、「W124」をベースに1991年に発表された「300 CE-24 Cabriolet(A124)」から、電動で完全自動開閉して遮音性と耐候性に優れたアコースティックソフトトップ、サッシュレスウィンドウと、前席と後席の境がないウィンドウによる広い車窓を特徴としてきた。2ドアオープントップモデルでありながら乗員が快適に過ごせる 室内空間とオープンドライブ時の快適性を確保し、最新の安全技術を搭載することで 利便性と安全性も兼ね備えている。

新型「Eクラス カブリオレ」の特徴の1つは、エクステリアデザインになる。ソフトトップを 閉じている時はメルセデスの伝統的な流れるように美しいクーペのようなスタイリング、ソフトトップを開けた時にはカブリオレならではの伸びやかなプロポーションが目を奪う。 フロントセクションは、ダイヤモンドグリルとパワードームを備えたボンネットによりスポーティな性格を強調している。

E 200 カブリオレ スポーツ

E 200 カブリオレ スポーツ

E 200 カブリオレ スポーツ

新型「Eクラス カブリオレ」は、遮音性にすぐれたアコースティックソフトトップを採用。室内のノイズレベルを大幅に抑制し、クローズ状態では室内に高い静粛性をもたらす。 アコースティックソフトトップは、3層構造のアウターそれぞれに遮音性や耐候性に優れた素材を採用し、ウレタンフォームに、高い断熱・吸音効果を発揮するインナーを組み合わせることで、クラストップレベルの静粛性を実現。約50km/hまでの速度で操作可能で、 約20秒で開閉することが可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ