人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.21

4K Ultra HDのフレームレスディスプレイを搭載したデルの最新モバイルPC『XPS 13』

デルは、米国ラスベガスで開催中のConsumer Electronics Show(CES)において、ユーザーのさまざまな遊び方や働き方に対応するパソコン新製品とソフトウェアを発表した。

同社のクライアントソリューショングループ担当プレジデントであるサム・バード氏は、今回の発表について次のように述べている。
「デルのイノベーションに終わりはありません。当社は、可能性の限界を押し広げるテクノロジーの創造に精力的に取り組んでいます。素晴らしい製品デザインによる外観から、デルの製品はゴージャスな印象を受けますが、最も魅力的な長所は内部のイノベーションによってもたらされます。美しい外観の裏に優れた性能を併せ持ち、パーソナルコンピューティングを革新、再定義することで、これまで実現不可能と考えられていたエクスペリエンスをもユーザーに提供します」

■エンジニアリングの成果 — 「XPS 13」と「XPS 15 2-in-1」
XPSのポートフォリオは、デルのブランドにおいて最も多くの賞を受賞してきた。考え得るあらゆる面で改善が図られた最新の「XPS 13」もCES 2018においてInnovation Awardを受賞。一方、「XPS 13」は、最新世代の4K Ultra HDフレームレス・ディスプレイを搭載し、従来のシルバーとブラックに加え、パームレスト側にグラスファイバーを採用したローズゴールドとホワイトを追加した。フレームの幅はさらに狭まり、サーマルヘッドルームは最大80%拡大。

また、薄型・軽量設計の内部では、Dell Power Managerによって必要とされる電力が供給され、熱設計には火星探査車Mars Roverの熱の放散・消散にも使用されているシリカエーロゲルと同素材のGORE Thermal Insulationによって、高負荷時においてもシステムの冷却を行なう。

XPS 13

そして、より薄くて軽く、強力なモバイルデバイスに対する市場のギャップに対応するため、初の15インチ2-in-1である「XPS 15 2-in-1」が発表された。優れたパフォーマンスとスタイリッシュなデザインを両立させた、現時点で最小・最薄となる15.6インチ2-in-11は、コンテンツ作成アプリの実行、大容量ファイルの処理、AAAゲームのプレイに対応する強力なCPUとグラフィックス処理能力だけでなく、タッチとペンによる操作、革新的な磁気浮上式キーボード、クリエーターが切望してきたスクリーン面積を提供。同社では、ハイパフォーマンスな最新の第8世代Intel CoreプロセッサーとRadeon RX Vega Mディスクリートグラフィックスを単一パッケージに集約することで新しい「XPS 15 2-in-1」を作り上げた。

また、「XPS 15 2-in-1」は、印象的な最新世代の4K Ultra HDフレームレス・ディスプレイを採用し、驚異的な薄さの16mmのボディで鮮やかな色彩と映画のような没入感を提供。この機能的かつ未来的なデザインは、削り出しアルミニウム、カーボンファイバー、Corning Gorilla Glass 4など、専門性の高いクラフトマンシップ、プレミアムな素材によって構成される。

XPS 15 2-in-1

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ