みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >エンタメ
  3. >宿泊だけじゃない!「体験」も提供す…

宿泊だけじゃない!「体験」も提供するAirbnbの東京ナイトカヤックツアーに潜入(2018.01.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Airbnb(エアビーアンドビ―)は「空いている部屋などを貸したい人」と「それを借りたい人」をつなぐマーケットプレイスだ。数年前、海外旅行の際に利用したことがあるが、当時は「ホテル代わりに使える部屋を探せるサイト」というイメージだった。しかし現在では、海外はもちろん、日本国内の旅行や出張でも使用されるようになっている。訪日外国人の急増により、都市部のビジネスホテルの予約がしにくい、もしくは料金が高騰する中で、Airbnbは簡単にリーズナブルな部屋はもちろん、宿泊施設が少ない場所でも部屋を確保できるとあって、利用者が急増しているのだという。

また2016年からは宿泊先の予約に加えて「体験」の取り扱い、予約が追加された。普通では体験できないグルメツアーやアクティビティを現地のホストが企画・提供するもの。旅をより思い出深いものにするために「宿だけではなく体験も」というAirbnbのこのサービスは、開始から1年で世界26か国40の都市で広がり、今後もさまざまな国や地域に拡大し続けている。日本では東京では2016年11月から「体験」が始まったが、驚くことに約半年ほどでL.A.やバルセロナ、パリなどの都市を抑えて東京が予約数のランキングにおいて世界のトップになったという。

■「駅から徒歩3分」の冒険を体験

その国内の「体験」において予約数の上位に位置するのが、「Tokyo waterway night paddling」。夜の運河をカヤックで進みながらスカイツリーなどの夜景を眺めて冒険気分を味わう、約2時間のアクティビティだ。日本国内で人気の「体験」と聞けば、和風なもの、いわゆる日本の伝統的なものが海外の人には人気なのではないかと思っていたが、意外とそうでもないという。Airbnbのトリップ事業最高責任者、ジョセフ・ザデーさんは語る。

「日本だけではなく色々な国を見ても、その国の伝統的なものが人気というわけではありません。正直に言うと人気が出るものは私たちでも予測がしにくいところ。ただ、人気の『体験』には共通点があって、それはホストの情熱や気配りなんですよね。どれだけ提供するものに魅力を感じているか、参加する人たちを楽しませようと思っているか、その部分で人気に差をつけていると思っています。今回はその情熱をもって日本で人気になっている『体験』を経験しようと来日しました」

彼とAirbnbのスタッフと一緒に体験するのは前述の「Tokyo waterway night paddling」。集合場所は東京の東側「東大島」から徒歩3分ほど、夕暮れ時の旧中川沿いにある駐車場だ。

「元々は沖縄や北海道などでカヤックツアーもしていましたが、水辺から眺める景色が面白いこの場所で、数年前からツアーを始めていました。週末限定、日本人向けのものだったのですが、4か月前くらいからAirbnbに情報をアップしたんですよ。そうしたら1日に20組くらい海外からメールがあるので、その反響にびっくりしています」と語るのは、クーランマランの福田高士さん。この「体験」のホストだ。

川沿いに並べられたカヤックを前に、まずは操作のレクチャーを受けた後、カヤックとともに水の上へ。水面は思った以上に波もうねりも少なくいわゆる凪の状態。自分が乗ったのは2人乗りのカヤックだったが、初対面のパートナーとの相性も悪くない。ちょっと左に行きがちな癖があるものの、スイスイ進んでくれる。旧中川は運河としてはほぼ使われなくなってはいるが、近くの住民からは散歩やジョギングなどに日常的に親しまれているのだろう。その中を筆者たちは非日常的なアクティビティを行う。彼らの珍しそうな視線を浴びつつ漕ぎ進んでいく。

 

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。