人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.21

工夫ひとつで美味しさ倍増!素人でもできる料理の盛りつけテクニック

盛りつけ方で美味しさが変わる!素人でもできる盛りつけテクニック

 料理というのは、ちょっとひと工夫で、その印象も美味しさも変わるものだ。例えば「盛りつけ方」も美味しさを決める大きな要素になる。そこで、料理研究家のレクチャーの下、盛りつけ方のポイントを会得してみよう。

■盛りつけ方で美味しさが変わる?

 料理が美味しいと感じるのは、「味」だけではない。このことは、きっと誰もが日常的に感じていることだろう。「視覚」や「嗅覚」も重要な要素だ。見た目が美味しそうな料理は食欲が湧くし、美味しそうな匂いのする料理もそれだけで得した気分になる。その中でも、見た目は味や匂いより後回しにされがちで、人によっては「見た目より味で勝負」するという人もいるだろう。しかし、料理の見た目は、思っている以上に美味しさを左右するのだ。

■盛りつけ方がうまい人の特徴とは?

 この盛りつけ方について、心理的なところを突いている人もいる。越智新一さんは著書『スポットライトを自分に集める50の方法』の中で、「盛り付けに目が向かない人は、センスがない」と述べている。一方、盛りつけに目が向き、工夫しようとする人は、食べる人に気持ち良く食べてもらおうと思っており、味ではなく、相手の感覚を操作して、美味しさを提供するのだという。

 つまり、率先して盛りつけを工夫しようとする行動は、相手に視点があり、相手の目で料理を見ているため、相手の思い、感覚を敏感に察知する人。よって、センスがいいといえるというわけだ。盛りつけは、ただ見た目が美しいだけでなく、「食べやすさ」も重要になる。そのためには、相手が食べるときのことをリアルに想像して盛りつける必要があるだろう。盛りつけを追求することは、相手に美味しさを提供できるだけでなく、より自分のセンスを磨くことができるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ