人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

池袋~京都まで15時間!青春18きっぷで行くマイナー観光地を巡る旅

2018.01.21

■東海道新幹線ヘビーユーザーなら知っている「東善院」で旅のお祈り

 2017年12月27日(水)午前5時。筆者は池袋駅にいた。忘年会シーズンのせいか、若者が酒に酔って大騒ぎしている。その喧噪を華麗にスルーする早朝出勤のビジネスマンたち。夜も明けぬ池袋の街は異様な雰囲気が漂っていた。

 青春18きっぷは、駅構内にある指定席券売機でも買うことができる。新幹線の切符を買い慣れている人ならば、簡単に購入できるだろう。青春18きっぷを購入し、改札にいる駅員さんに証明印をもらった筆者は、5時11分発の山手線に乗りこんだ。

 5時46分、東京駅で東海道線「沼津行き」の電車に乗り換え。つり革につかまりながら目をつむるビジネスマン。ジャージ姿で部活に行く学生。駅を通過するごとに車内は通勤通学の人でいっぱいになった。そして午前7時20分、この旅の最初の目的地、早川駅に到着した。

 読者は、東海道新幹線の小田原駅を通過したあたりで一瞬だけ目に入る観音様をご存じだろうか。東海道新幹線ユーザーならば「あるある」、あの真っ白な観音様だ。それは早川駅近くの東善院に鎮座し、名前を魚籟観音(ぎょらいかんのん)という。厄除けの神様であるので、旅の安全を祈願するため、ここを最初の目的地に選んだ。

 早川駅に降り立ち、さっそくお寺まで歩くが……分かりにくい。閑静な住宅街をうろうろし、二度ほど道を間違えた。「ちくしょう」と顔を上げると……。

 うわ! 観音様がいらっしゃる! 住宅街の向こうから顔を覗かせているではないか。……まいった、ぜんぶ見られていたなぁ。その後もうろうろし、ようやく東善院に到着した筆者。

 真っ白なお姿が神々しい。魚籟観音様に旅の祈願をし、東善院をあとにした。

 ……帰りも道を間違えたので観音様に笑われたかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。