人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.19

女性にとってお酒が飲めることは恋愛にプラスに働くか?

女性にとってお酒が飲めることは恋愛にプラスに働くのだろうか。オーイズミフーズが全国に展開する創作料理居酒屋「くいもの屋 わん」の「女性の飲酒」に関して調査・分析するプロジェクト「わん女総研」が以前、20~30代の男女5000名を対象に、「女性の飲酒意向と動向」について調査を実施したところ、意外な結果が明らかになった。

■1週間に2度以上飲む女性は4割!「一人で家飲み」過半数の女性が経験!

20~30代女性を対象に、自身の飲酒頻度や飲酒量について調査。飲酒頻度については、「1ヶ月に2~4度程度」が最多で4割。1週間に2度以上飲む女性の割合も4割となった。また、1回の飲酒量は3~4ドリンクが3割と最も多く、次いで「1~2ドリンク」、「5~6ドリンク」という結果になった。さらに、自宅で一人で飲んだ経験については半数以上が「ある」と回答。飲酒頻度や飲酒量に差こそあれ、多くの女性が日常的にお酒を嗜んでいることが明らかになった。

■約半数が「周りよりも飲める」という自信アリ!

続いて、女性の飲酒意向について調査。8割強(81%)の女性が「お酒が好き」と回答した。また、「お酒が強い(周りよりも飲める)」と思っている女性は約半数という結果になった。さらに、飲酒をした際の自分自身にあてはまるタイプを聞いたところ、「お酒を飲んで少し酔うが、周りよりも飲める」“酒豪女子“が最も多く、次いで「お酒はあまり強くないが、飲むことは好きである」”酒好き女子”が多い結果に。一方、「お酒を飲んで全く酔ったことがない」“ザル女子”は全体の4%と少ないことがわかった。お酒が好きなことは勿論、「周りより飲める」と自負している酒豪女子が多いことが明らかになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ