人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

現役の中高生が大学選びで重視するポイントTOP3

2018.01.19

もっとも参考にしている情報源は、大学ホームページ(19.7%)、大学パンフレット(16.7%)、オープンキャンパス(13.9%)が上位を占めた。SNS(8.3%)や口コミ(5.7%)、中学校や高校でのアドバイス(5%)は、情報収集手段としては使っているものの、参考にする度合いは低いことがj判明。しかし、自由回答では「オープンキャンパスはいいところしか言わないから、その大学の悪いところも知りたい」(高校2年・女子)、「大学の特色について、大学が開いているサイトでは主観的すぎて参考にしにくい」(高校3年・男子)など、大学の公式な情報以外を求める声が複数見られた。

大学進学情報を調べる際に使うSNSの種類は、Twitterが311人で43.6%と人気が高い(複数回答)。Instagramは6%、LINEQは7.6%、facebookは2.8%だった。SNSでの調べ方を複数回答で聞いたところ、「大学名で検索をする」が439人(73.9%)で最多だが、「大学のアカウントをフォローする」(20.5%)「受験生のアカウントをフォローする」(12.3%)「大学生のアカウントをフォローする」(10.8%)といった使い方も一定数見られた。
なお、使っているSNSではgoogle+が47.6%でTwitterをしのぐ結果が出たが、SNSではなくgoogle検索と混同して回答したケースが考えられる。そのため、調べ方でトップの「大学名で検索をする」には、SNSでの検索ではなく、googleなどの検索が含まれている可能性がある。

進学先を選ぶ基準を優先度の高いものから3つ選んでもらったところ、「学びたい学問領域」が437人(61.2%)、「国公立か私立か」が333人(46.6%)、「学力や入試科目」が262人(36.7%)。
「学費」は205人(28.7%)、「奨学金制度」は82人(11.5%)と、経済的なことを考える人もみられ、自由回答では「奨学金制度について知りたいが、わかりやすいパンフレットがない」(高校1年・男子)、「受験費用や交通費のことも心配」(高校2年・女子)など、奨学金や受験費用の情報を求める声が目立った。

自由回答では、高校1年生や中学3年生を中心に、2020年度から大学入試制度が変わることへの悩みが多く上がった。「大学入試制度の変革に伴い、大学教育の方針も変えられていくのか」(高校2年・男子)、「入試が変わるので、浪人ができない。変わった後の入試制度もしっかりと早めに理解しておきたい(高校1年・女子)、「私の学年からセンター試験が無くなるので、新しい試験はどのような問題が出るのか、記述の問題はどのくらい出るのか、など、新しい試験について詳しく知りたいです」(中学3年・女子)など。
新しい入試制度についての情報は、大学のパンフレットやホームページなどよりは、おそらく進学情報サイト、新聞や雑誌、塾などのほうが詳しく発信されている。しかし、前掲の「情報収集の手段」を見ると、新聞や雑誌は64人(9%)、塾は137人(19.2%)と少ないため、中高生が情報をキャッチしきれていないと推測できる。

■調査概要
調査期間/2017年12月23日~2018年1月6日
調査対象/中高生ら714人(中学生は52%、高校生は47%、男性が20%、女性が80%)
調査方法/インターネット調査

構成/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。