人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.19

デザインモチーフは桜吹雪!漆塗りダイヤルに螺鈿細工を施したセイコー『クレドール』の限定モデル

セイコーウオッチは、高級ウオッチブランド<クレドール>より「桜吹雪」をデザインモチーフに、漆塗りダイヤルに螺鈿細工を施した限定モデルを3月9日より、数量限定120本にて発売を開始する。希望小売価格は100万円。

今回登場するのは、2016年3月に発売された山田平安堂(やまだへいあんどう)とのコラボレーションによる漆芸ダイヤルモデルの第2弾となる。このモデルも日本の伝統的な技を駆使した漆芸ダイヤルに、セイコー独自のスプリングドライブキャリバーを搭載した、伝統と先進性が融合した限定品となっている。
螺鈿細工は、切り出した板状の貝片を漆で地板に接着し、上から漆を塗ったのち、貝片がみえるまで余分な漆を研ぎだす装飾技法で、日本では奈良時代より用いられている伝統工芸技法だ。本限定モデルの螺鈿細工は、一点一点手作業で仕上げられている。

ダイヤルを横断する桜吹雪は螺鈿と蒔絵を織り交ぜて表現。螺鈿部分は、白蝶貝でひらひらと花びらが舞う様子を描写している。貝の向き、大きさ、色合い、全てを計算して並べる緻密な配置は熟練の職人だからこそなしうる技。きらきらと光る螺鈿の背景には、やわらかい輝きを放つプラチナ蒔絵を散らし入れることで絶妙なコントラストを醸し出している。4時位置に配した一輪の桜の花は、時計を見るたびに和みを感じるアクセントといえる。

12時、3時、6時、9時のアワーマークには白蝶貝の螺鈿細工を、また、その他のアワーマークにはプラチナ蒔絵を用いることで、美しさと共に視認性にも配慮している。白蝶貝を用いた4か所のアワーマークは、天然素材の貝の中でも美しく輝く部位を選別した上で、螺鈿細工を行ったものだ。工芸の美しさと、時計の目盛りとしての正確さを同時に満たすために、熟練の職人が緻密な作業を重ねて仕上げた。

また、ダイヤル上部のパワーリザーブ(残量表示)部を神秘的な三日月に見立てて、春の月夜の情景を華やかに表現している。

機構的には、機械式時計と同様にぜんまいのほどける力を動力源としながら、ICと水晶振動子で制御する、同社独自の駆動機構「スプリングドライブ」ムーブメントキャリバー7R87を搭載。セイコーエプソン塩尻事業所「信州路の匠工房」において高度な技能を持つ技能士が、ひとつひとつ手作業で組み立てる匠の技と先進の技術が融合した高性能ムーブメントで、確かな精度を実現している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ