人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.18

年始のプレゼントにオススメ!好みの香りをカスタマイズできる『コロコロキャンドル』

 仕事から夜遅くに帰宅したときに、一瞬でくつろげる空間を生み出してくれるアロマキャンドル。北欧発の「ヒュッゲ」的ライフスタイルが注目されて、キャンドルのある暮らしが流行する気配があり、癒しグッズとしてのアロマキャンドルの人気も高まりそうだ。

 一口にアロマキャンドルと言っても、キャンドル自体にアロマ成分が含まれ、火をつけると芳香成分が拡散するものと、陶器製の「ウォーマー」内で無香キャンドルを灯し、その上の皿にワックス(蜜蝋)を置いて、熱で融けると芳香を発するものの2種類に大別される。キャンドルの煤が室内を漂ったり、高温で香りが飛んでいってしまうデメリットが気になる人には、後者のウォーマータイプが人気。

 今回紹介するのは、ウォーマータイプでも、複数のワックスを組み合わせることで、好みの香りをカスタマイズできるという『コロコロキャンドル』(信禎貿易)。

 『コロコロキャンドル』は、ウォーマーと16個のキューブ形ワックス(蜜蝋)のみの基本セットと、ティーライトキャンドル(10個入り)、専用ライター、ティーライトをウォーマーから出し入れするトレイも加わったセットの2種類ある。


『コロコロキャンドル』基本セット

 16個のワックスは互いに異なる香りで、「リラックスできるハーブ系」、「甘いフローラル系」、「みずみずしいフルーツ系」、「爽やかなシトラス系」の4つのタイプのどれかにあてはまる。さらに、「TOP」、「MIDDLE」、「LAST」の区別もあって、香りの拡散速度などに違いがある。芳香成分は全てイギリス産の天然エッセンシャルオイルを使っているのがセールスポイントの1つだが、他にはない大きな特徴が、3個のワックスをブレンドして、オリジナルの香りを堪能できる点。例えばメーカーがおすすめするブレンドとして、「爽やかな香りのバルマローザ」、「甘くてスパイシーな香りのフェンネル」、「温かい木を感じさせるシダーウッド」がある。もっとも、どのような組み合わせであっても、バランスのとれた香りになるようデザインされており、適当にやってひどいにおいのブレンドができてしまうということはない。アロマ初心者でも安心ということで、筆者も試してみた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ