人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.17

【CES2018】NVIDIAがメルセデス・ベンツの次世代コクピット「MBUX」に最新AI技術を提供

ラスベガスのCES 2018において、Mercedes-Benz は次世代の自動車のコクピットに関する、まったく新しい車内インフォテイメントシステム、「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」を発表した。このシステムでは、ドライバーや乗客による自動車の操作方法を変革するためAIが導入される。

「私たちは、乗客と自動車の関係性を劇的に変えることを目指しています」Daimler AG Group Research & Mercedes-Benz Cars Development の執行役員であるオラ・カレニウス (Ola Källenius) 氏は話す。

オラ・カレニウス氏

また、NVIDIA の CEO であるジェンスン・フアン (Jensen Huang)氏も、「私は、世界最先端の未来のコクピットを作ることを望んでいます。このコクピットには、素晴らしいコンピューターグラフィックスが使用されますが、最も重要なのは、ユーザーエクスペリエンスを革新するためにAIが導入されることです」語る。フアン氏は、昨年のCES 2017で、
Mercedes-Benz の経営陣と共に、2018 年に準備が整うAI 導入自動車に関して両社が協力すると述べている。

ファン氏は続ける。
「とても短い期間内に非常に複雑な作業を行なっているため、私たちは、新しいタイプの業務関係を結ぶことにしました。ドイツとシリコンバレーにいる当社の技術者と Mercedes-Benz の技術者は、1つのチームとして協力します。この結果、私たちは、並行してイノベーションを推進し、自動車にイノベーションを統合し、テストして、市場に投入できるようになります」

このようなNVIDIAのAIテクノロジーの支援を受けた Mercedes-Benz のユーザーエクスペリエンス (MBUX) のために、美しく新しい3D タッチスクリーンディスプレイが搭載されます。これは、「へイ、メルセデス (HeyMercedes)」という言葉で呼び出すことができる新しい音声起動アシスタントで操作できるという。

Mercedes-Benz のデジタルビークル&モビリティー担当副社長であるサジャド・カーン (Sajjad Khan)氏はライト、その他の快適機能などの詳細を指摘して、次のように述べている。
「誰もが認めるシステムの美しさに加えて、インテリジェンスによりシステムはパーソナライズされます。これは、お客様の要求に適応するインテリジェントな学習システムです」

新しいインフォテイメントシステムは、AI を活用して、ドライバーや乗客の好みに合わせることを目指しているという。たとえば、自動車での帰宅時にお気に入りの音楽を自動的に提案したり、夕食時にはなじみのレストランへの道筋を示したりできる。また、新しい機能を提供するOTA(無線ネットワーク)による更新が利用可能できるというメリットもある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ