人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.16

【CES2018】オーディオテクニカがデジタル信号をドライバーまで高純度伝送するワイヤレスヘッドホンなどを出展

オーディオテクニカは、アメリカ、ネバタ州ラスベガス市で開催中の世界最大級の家電見本市「CES(Consumer Electronics Show)2018」に出展。同社ブースではグローバル展開モデルを幅広く展示している。

会場の様子

まず同社ブースでは、日本国内で昨年末に発売された重低音がコンセプトのヘッドホンシリーズ「SOLID BASS」のワイヤレスヘッドホン『ATH-WS990BT』『ATH-WS660BT』や、スポーツ用ワイヤレスヘッドホン『ATH-SPORT70BT』『ATH-SPORT50BT』といった最新の製品を展示。はじめ、アナログ関連製品からデジタル関連製品まで、グローバル展開モデルを幅広くラインアップしている。

写真左よりAT-LP7、ATH-DSR5BT、ATH-ANC700BT

また、世界初公開として、ハイファイユーザー向けモデルとして開発されたベルトドライブターンテーブル「AT-LP7」、ワイヤレスのデジタル信号をドライバーまで高純度伝送する「ピュア・デジタル・ドライブ」採用のBluetooth対応インナーイヤヘッドホン『ATH-DSR5BT』が登場、そしてノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン『ATH-ANC700BT』も出品されている。これら3モデルの国内での発売は未定。

その他、ハイエンドオーディオが集う「ベネチアンホテル」の会場では、開放型ヘッドホンのトップエンドモデル『ATH-ADX5000』や、MCカートリッジのフラグシップモデル『AT-ART1000』を展示。同社が提供する最高級の音質を体感できるエリアとなっている。

関連情報

https://www.audio-technica.co.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ