みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >高級旅館にシティホテルが勝利!「朝…

高級旅館にシティホテルが勝利!「朝ごはんフェスティバル」で巻き起こったジャイアントキリング(2018.01.14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

 時変わり、幾万もの流行が生み出される。好まれては飽きられ記憶の片隅へ、いつかは存在すら忘れ去られるブーム。そのなかで、人類生誕以降唯一飽きられていないモノがある。

 それは食。

 終わりなき食ブームは「孤独のグルメ」以降、より細分化。ニッチを愛する目線が”通”と慕われる。

 12月21日、訪れたのは新宿駅にほど近い服部料理専門学校。

「平愛梨の親友でおなじみの一発屋芸人・三瓶の母校」、大事なことは全く覚えていないのに、どうでもいい情報は覚えている。

 お目当は「朝ごはんフェスティバル2017」

 朝ごはん日本一の宿泊施設を決定する料理コンテスト。1900を超えるエントリーのなかから、勝ち抜いた6つの宿泊施設が出場する。

 朝ごはん界のM-1決勝戦と書いても差し障りはないだろう。

 前取材が押したゆえに途中参戦。会場に入ると、ちょうどエントリーNo.2神奈川県「箱根湯本温泉 花紋」のシェフがプレゼンテーション中であった。

 

 プレゼン、審査員の試食、質疑応答合わせて10分が持ち時間。

 ・美味しさ
 ・コンセプト(料理のテーマや背景の強さ、思いの強さ)
 ・表現力(視覚的な美しさ、楽しさ)
 ・独創性

 この4点が審査項目。思いの強さも問われることから、このアピールタイムがとっても大事。

 審査員には関西料理界の大物・神田川俊郎先生、料理の鉄人・坂井宏行シェフなどが集う。

 神田川先生が履く、水色のコーデュロイパンツと青いデッキシューズが映えていた。意外なオシャレさに気づいたので、一応記しておく。

 プレゼンが上手だったのが、三重県「ホテル季の座」

 写真パネルを使い、朝食に出される干物バイキングの魅力について解説。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。