人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.14

中間選挙でアメリカが極左化!?サクソバンクの2018年大胆予測が見据える驚愕のシナリオ

2018年が明けて早くも1週間。この連休明けから本格始動、という人も多いのではないか。さて昨年末、サクソバンクが「2018年大胆予測」と題した興味深いレポートを発表している。2018年を占ううえでも、改めて紹介しておきたい。

​この大胆予測は、実際には起こる可能性は低いものの、現実に起こった場合には、世界市場に多大な影響を及ぼす10大テーマを取り上げたものだ。同社では各分野のエコノミストがさまざまなシナリオを予想し、今年の投資アイデアを練るうえで欠かせない、「想定外を予想する機会」を読者に提供していく、と説明している。

サクソバンクのチーフエコノミスト、スティーン・ヤコブセン氏も次のように述べている。
「サクソバンクは『大胆予測』を10年以上に渡り発表していますが、2018年は、想定外を予想するという大胆予測のコンセプトを踏まえると、今までで最も良いできばえの一つになりました。皆様に、コンセンサスの枠を超えて、考える機会を提供するものとなるでしょう。なお、本大胆予測は、サクソバンクの公式な市場見通しに関する見解ではなく、想定外のイベントや市場動向をまとめたものである点をご理解いただきお読みください」

1. アメリカでは財務省が舵を握りFRBが独立性を喪失
共和党と民主党がいずれも2018年の中間選挙に向けてより多くのポピュリスト票を獲得しようと競い合う中、予算の規律は完全に失われ、共和党による減税が巨額の歳入不足もたらし、米国が景気後退に向かうにつれてこれが一層悪化するだろう。軟化する経済と金利/インフレ上昇により、FRBには金融政策上講じるべき手段がなくなる。FRBは、経済低迷、債券市場の大混乱、および格差の悪化に対する責任を負わされるはず。財務省が緊急時の権限を発動し、債券市場のメルトダウンを防ぐために米国政府債の長期利回りに2.5%のキャップを設けることをFRBに強要するだろう。こうした政策がとられるのは、第二次世界大戦直後のとき以来のことだ。

2. 日銀、統制力を失い、イールドカーブコントロール政策の放棄へ
日銀のイールドカーブコントロール政策は世界的な低金利と低利回りに依存しているが、この前提条件は2018年には成立しない。インフレ率が上昇するとともに利回りが上昇し、その結果、円が暴落するだろう。中央銀行は最終的には量的緩和的な政策に頼らざるを得なくなるが、その前に円の対ドルレートは150円に達し、その後急速に100円まで円高が進むだろう。

3. 中国が人民元建て原油先物取引を導入
中国は石油輸入国として群を抜いて最大であり、多くの産油国は既に人民元建てでの取引を喜んで受け入れている。米国の世界での影響力に陰りが見える中、中国元建て商品先物が総じて成功したことを受けての、上海国際エネルギー取引所の人民元建て原油先物市場開設の決定は大成功となる。オイル人民元の導入で人民元はドルに対して10%以上上昇、ドル/人民元相場は初めて6.0を下回るだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。