人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

転職マーケットは2018年上半期も活況!特に求人ニーズが高い業種・職種は?

厚生労働省「平成28 年雇用動向調査」によれば、平成28年1年間における男性の転職入職者数は237万7700人で転職入職率は8.7%、女性は転職入職者数が240万300人で、転職入職率は11.3%となっている。
そんな中、総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリアでは、同社が運営する転職サービス「DODA」において「転職市場予測2018上半期」を発表した。

その報告によれば、2018年上半期(1月〜6月)の転職市場全体における求人数は、引き続き豊富な状況が続き、転職希望者にとって売り手市場が続く。全11分野のうち[増加]が5分野、[緩やかに増加]が3分野、[横ばい]が2分野、[減少]が1分野と見込んでいる。

転職市場予測2018上半期

IT・通信
・実用化が進むAIを中心に、あらゆる業界でIT投資が活発化

ITエンジニアの求人数は2017年に引き続き、非常に豊富な状況が続くだろう。業界を問わずIT投資が活発であることに加え、恒常的に人材不足の状態が続いていることもあって、当分の間求人ニーズの減少はなさそうだ。
基幹システムや業務システムの開発・リプレイスはもちろん、大手企業を中心にIoTやAI、RPA、フィンテックといったキーワードに代表される新しいテクノロジーを実用に落とし込むための新規プロジェクトが次々とスタートしている。こうした案件の多くでは大規模なデータを扱う必要があるため、今後もデータを扱うエンジニアは引く手あまたの状況が続きそうだ。

電気・機械
・求人ニーズは堅調。業種・製品の垣根をまたぐ転職も当たり前に

自動車・自動車部品メーカーをはじめ、車載機器向けの電子部品、半導体などを中心に、製造業全般で採用熱は引き続き高い状況が続く。製造業では1〜3月は求人数が減るのが通常だが、そうした季節要因を帳消しにして余りある求人ニーズがある。
その背景として、将来に向けた先行開発の面での求人ニーズ、さらに量産開発でも開発スピードとコスト削減が強く求められていることが上げられる。働き方改革の影響などで生産性アップと適正な人員配置の取り組みが進んでいることもあり、人員補強のための求人ニーズは堅調。機械系、電気系、組み込みソフトウェアを問わず、エンジニアの不足感は慢性化しつつある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ