小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「疲れやすいのは年齢のせい」と言い訳する前にアソコを鍛えるべし!

2018.01.13

■“下半身”の筋肉へのアプローチが鍵!

疲れやすい・痩せにくいのは年齢のせい…は言い訳?!アレを鍛えるのが正解だった!

 しかし、筋力をつけるといっても、やみくもに行うのは効率が悪い。特に痩せやすい体づくりを目指す人は、大きな筋肉から鍛えるのが良い。全身のうち、大きな筋肉といえば、太もも、ふくらはぎ、お尻などの下半身が挙げられる。

 医学博士である宮崎義憲氏の著書『太ももを強くすると「太らない」「超健康」になる: ウォーキングの第一人者が教える健康の秘密』によれば、下半身の筋肉量は全身の筋肉の60%を占めており、中でも太ももは最大の筋肉があるという。

 よって、お腹ぽっこりを解消するために腹筋を鍛えようと思っても、効率良く脂肪燃焼するには、まず下半身を鍛え、代謝を良くしておくことが重要といえそうだ。そうすれば、どんな運動をしても、脂肪燃焼効果が得られやすくなるだろう。

 では、下半身の筋肉を効果的に鍛えるにはどうすればいいのだろうか? 特に重要になるのが太ももの筋肉だ。鍛えるには、歩くことが基本だといわれている。通勤中にぜひ素早く歩くようにしてみよう。ウォーキングでは太ももの前側の筋肉とふくらはぎが鍛えられる。

 そしてハムストリングスと呼ばれる、太ももの裏側の筋肉を鍛えるには、階段の上り下りが効果的。駅やオフィスのエレベーターやエスカレーターを避け、階段を使うようにするだけでも鍛えられる。太ももの筋トレは、日常的な動作で簡単にアプローチできる。ぜひ実践してみよう。

■女性の「年だから」「足が太くなるから」は言い訳だった?!

 多くの女性たちは、筋トレと聞くと「年だからそこまで激しい運動はできない」「足が太くなるからやりたくない」と思ってしまいがち。けれど、それは言い訳に過ぎないという。トレーナーである中野ジェームズ修一氏の『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』には、トレーナーとしての経験上、「筋肉の衰えと年齢は関係ない」ことを痛感しているという記述がある。そして、特に女性にこの傾向が顕著に現れるというのだ。

 また、筋肉をつけると足が太くなるというのも大きな誤解だといわれている。むしろ、下半身の筋肉が落ちることで、ふくらはぎのポンプが血液や体液を押し上げることができなくなり、むくみが生じる。一般的に、これが足が太くなる大きな原因だといわれているのだ。

 ちなみにこのむくみを回避するために必要なのが、「ミルキング・アクション」と呼ばれる、ジョギングやウォーキングなどの足の運動だ。搾乳運動とも呼ばれ、ふくらはぎの血液を筋肉により心臓に戻す運動をいう。つまりウォーキングで太ももを鍛えることは、同時にむくみを予防・解消し、足を細くさせやすい動きであるといえる。

 大げさな運動は必要ない。日頃の行動において、ぜひ歩く、階段を上ることからはじめ、下半身の筋肉アップを目指してみよう。続ければ、きっと疲れやすさや痩せにくさが解消へと向かっていくだろう。

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。