人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

温泉ソムリエに聞く温泉の正しい入り方

2018.01.13

■意外と知られていない温泉入浴のポイント

年末年始の旅行で実践!温泉ソムリエに聞く!温泉の正しい入り方

 リラックスしてくつろげる癒やしの温泉も、一歩間違えれば、健康を害する恐れがある。また、ちょっとした工夫でより温泉を楽しむことができる。遠間さんに、意外と知られていない温泉の豆知識や注意点を教えてもらった。

●内風呂と露天風呂がある場合、内風呂が先

「外気温が低い露天風呂では、血管が収縮した状態で急に熱いお風呂に入ることになるので、脳卒中や心臓発作を起こす危険性があります。まずは内湯で体を温めてから、露天風呂に入りましょう」

●入浴後は洗い流さない

「風呂上がりに温泉をシャワーなどで流すともったいないのです。温泉は肌の角質と結びつき、体を拭いても“温泉のベール”として残ります。その温泉成分は入浴後も3時間以上浸透し続けます。ただ、色々な方と入る大浴場では、衛生上の問題から洗い流したくなるものです。そこでおすすめなのが、温泉に入る際に桶に“湯口”から新鮮な温泉を汲んでおくことです。風呂から上がる頃には適温になっているので、その“新鮮な温泉”を最後に体にかけます。清潔で、まだあまり空気にも触れてない新鮮な温泉を体にまとうことができます。その温泉にタオルをつければ、乾いたタオルで温泉を拭き取り過ぎないようにすることもできます」

●のぼせや立ちくらみ防止にタオルを活用する

「のぼせ防止のためには頭の上に水で濡らしたタオルを、立ちくらみ防止には熱いお湯で温めたタオルを頭の上に乗せるといいです。また、熱のこもった内湯や陽射しの強い夏の露天風呂は、熱中症防止のために冷たいタオルを、冬の露天風呂など寒いところでは、頭の保温のために温かいタオルを乗せましょう。立ちくらみ防止には、浴槽から出る前に手を冷やすのも効果的です。また、入浴の際は、徐々に体に水圧をかけ、徐々に水圧から解放させるために、足湯、半身浴を経てゆっくり入浴し、上がる時も半身浴、足湯を経て、ゆっくり立ち上がります。これで立ちくらみを防止できます」

●疲労回復には「温冷交互浴」を

「分割浴で2回浴槽から出て休憩する際に足に水をかけると、足に“温”と“冷”の刺激を与えることになるので、足の血管が拡張します。“足は第二の心臓”といわれているので、足の血管が広がることにより、全身の血行がよくなります。また、それに伴い、乳酸などの疲労物質が排泄されるので、疲労回復にもなります」

 この年末年始で温泉に入る予定がある人は、ぜひこれらの正しく効果的な方法で入浴し、一年の疲れを健康的に癒やそう。

遠間和広(とおま・かずひろ)さん
温泉ソムリエ協会の家元。温泉ソムリエ認定者は約9500名で、2016年には1万人を突破する。

■関連情報

温泉ソムリエ協会公式サイト
http://www.onsen-s.com/

取材・文/石原亜香利

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。