人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

糖質が少なくてもアルコールは血糖値に影響を及ぼす?糖質の多いお酒と少ないお酒の違いとは

2018.01.13

飲み会でチョイスすべき糖質の少ないお酒。でも血糖値には影響も?

 年始にかけて増える飲み会。今、糖質制限がブームだが、日頃から糖質オフを心がけているというビジネスパーソンもいるのではないだろうか。しかし、この時期、糖質を控えているとはいえ、お酒や宴会の席を断るのはむずかしい。そこで糖質の比較的少ないお酒を選ぶという作戦を決行してみよう。ただし、血糖値の観点からすれば、糖質が少ないお酒も注意が必要だ。この点もよく心得ておきたい。

■お酒自体のカロリーは実質無効?

 これまで、太る原因といえば「カロリーが高いもの」だった。しかし、最近は、カロリーではなく、糖質に問題意識がシフトしている。そんな中、お酒はカロリーが高いものの、糖質の少ないものであれば問題ないという見方も出てきている。

 お酒は、アルコール度数が上がれば上がるほど、カロリーが高くなる。しかし、一般的な食べ物のカロリーと異なり、体内で吸収されず、脂肪にはなりにくいといわれている。これは、お酒のカロリーはそのほとんどが体熱を上げるのに使われるからだ。お酒が太りやすいといわれるのは、食欲増進作用によりさらにお酒が進み、おつまみも食べ過ぎてしまうということが大きいようだ。また、アルコールには脂肪の代謝を抑制する働きもあるといわれているため、ダイエット効率が下がることになる。よって、お酒のカロリーは実質無効になるが、太りやすいことには変わりない。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。