みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >糖質が少なくてもアルコールは血糖値…

糖質が少なくてもアルコールは血糖値に影響を及ぼす?糖質の多いお酒と少ないお酒の違いとは(2018.01.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会でチョイスすべき糖質の少ないお酒。でも血糖値には影響も?

 年始にかけて増える飲み会。今、糖質制限がブームだが、日頃から糖質オフを心がけているというビジネスパーソンもいるのではないだろうか。しかし、この時期、糖質を控えているとはいえ、お酒や宴会の席を断るのはむずかしい。そこで糖質の比較的少ないお酒を選ぶという作戦を決行してみよう。ただし、血糖値の観点からすれば、糖質が少ないお酒も注意が必要だ。この点もよく心得ておきたい。

■お酒自体のカロリーは実質無効?

 これまで、太る原因といえば「カロリーが高いもの」だった。しかし、最近は、カロリーではなく、糖質に問題意識がシフトしている。そんな中、お酒はカロリーが高いものの、糖質の少ないものであれば問題ないという見方も出てきている。

 お酒は、アルコール度数が上がれば上がるほど、カロリーが高くなる。しかし、一般的な食べ物のカロリーと異なり、体内で吸収されず、脂肪にはなりにくいといわれている。これは、お酒のカロリーはそのほとんどが体熱を上げるのに使われるからだ。お酒が太りやすいといわれるのは、食欲増進作用によりさらにお酒が進み、おつまみも食べ過ぎてしまうということが大きいようだ。また、アルコールには脂肪の代謝を抑制する働きもあるといわれているため、ダイエット効率が下がることになる。よって、お酒のカロリーは実質無効になるが、太りやすいことには変わりない。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。