人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.13

予算5万円で本格派の音が楽しめるELEKITの真空管アンプ『TU-8150』

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

ELEKIT『TU-8150』製作編はこちら
ELEKIT『TU-8150』オペアンプ編はこちら

■真空管を6V6に交換してみよう!

いよいよ、ELEKIT『TU-8150』に使われている出力管の6AQ5の高信頼管『6005W』をオクタルベースのソケットに交換して、6V6に差し替えてみよう。6V6はギターアンプにも使われるメジャーな真空管で、様々なブランドがあり、ST管に加えてGT管もある。今回は、ロシア製Reflector『6P6S』(ミリタリーバージョン)、ロシア製STANDARD BRAND『6V6GT』、スロバキア共和国製JJ Electronic『6V6S』の3種類のGT管を差し替えてみる。どれも新品で値段は順番にペアで865円、2465円、4800円となる。ロシア製はebayで購入している。届くのに2週間ほどかかるが日本で購入するよりかなりコスパはいい。

『TU-8150』にもともと付いていた真空管は7ピンのmT管と呼ばれる新世代の真空管で小型軽量で高信頼なのだが、それで音がいいとは限らないのがオーディオの面白いところである。そこで、もっと古い世代のST管やGT管が使える8ピンのサブ基板が付属している。スペーサーを外してこの基板を2枚交換するだけで別の種類の真空管が使えるのだ。ケースのカバーを外すだけでサブ基板は交換可能、メイン基板を外す必要はない。また接続方式が3種類選べる機能もそのまま使える。私が好きなのは見ていてワクワクする大きくて明るく点灯する真空管だ。

■ロシアからGT管が届く

実はebayで金属製のMT(Metal)管も発注したのだが、何らかの原因で発送されなかった。ST管はStandard tubeの意味で上部にくびれがあるためダルマ管とも呼ばれる。GT管は、主に軍事用に開発された高信頼管であるMT管から派生した。メタル部分をガラスに置きかえたのがGT管でGlass tubeを意味する。その後、真空管とピンを一体化したMiniature tubeすなわちmT管が登場した。順番的にはナス管、ST管、GT管、mT管と進化している。さらに小さいサブミニチュア管もあり真空管ポタアンに利用されている。2種類のロシア製真空管が届いたので、今回はこれにメーカーから借用したJJ Electronic『6V6S』を加えて3種類で試聴してみたい。


このように上部のカバーを外すだけでmT管から、オクタルベースのST管とGT管用のソケットに変更できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ