人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.13

カスタマイズも楽しめる無垢板を使った小型スピーカー『ishida model』

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■ブラックウォールナットの無垢材とは?

以前、紹介したオーディオ評論家の石田善之氏と家具工房「アクロージュ ファニチャー」のコラボスピーカー『ishida model』に惚れ込んだ私は迷わずWebサイトから注文。スピーカー完成の知らせを心待ちにしていた。すると販売元の音楽之友社から連絡があり、エンクロージャーが完成したので「アクロージュ ファニチャー」で取材しませんかというお誘いがあった。同社の代表、岸邦明氏が自ら説明してくれるとのこと。これはすぐに行かなければ!

ということで神楽坂に到着。建物の二階に上がると木の香りがする。「アクロージュ ファニチャー」はオーダーメイド家具専門なので店舗よりも工房の面積の方が広い。。早速、岸さんにブラックウォールナットの原木を見せてもらった。ブラックウォールナットは数ある銘木の中でまぼろしでなく、探せば手に入る最後の銘木だという。アメリカの五大湖周辺で伐採され、その98%は製材される。『ishida model』は残り2%の選りすぐりの木を丸太のまま購入してスライスしたものから板取りしているのだ。しかも、板の状態を見ながらバッフルを切り出すので最大でも1枚から2ペア分しか取れないという。さらに厚さ37mmあるものを30mmまで削っているのだ、勿体ない!


「アクロージュ ファニチャー」は木工教室も開催するオーダーメイド専門家具店である。


工房の前に置かれたブラックウォールナット。乾燥させているため表面の色は薄く見える。


岸さんが板取りを実演してくれた。まずバッフル板用の治具を使って切り出す位置を決める。


三角の向きが板の上下を示す。木目が揃う位置を計算に入れてペアの板を切り出すのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ