人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.13

主婦1000人に聞く加工食品やお惣菜、お弁当を食卓に出す頻度

文部科学省「平成20年度全国学力・学習状況調査」では、朝食の摂取と学力調査の平均正答率との関係についても調査を行なっている。その概要を紹介すると「朝食を食べている」子どもの国語における正答率は67.2%、「あまり食べていない」子どもは51.6%、「全く食べていない」子どもは46.8%だった。この傾向は算数において同様だった。

総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングが以前、全国の3歳~高校生の子どもと同居する主婦20歳〜49歳を対象に、「食」をテーマにしたインターネットリサーチを実施したところ、以下のような結果となった。

Q1.あなたは料理をすることが好きですか

料理をすることが好きかと聞いたところ、「好き」「まあ好き」と回答した人は全体で46.5%となった。子どもの学年別で比較しても、大きな差は見られない結果となった。

Q2.あなたが料理をする理由をお答えください

家庭で料理の頻度が月1回以上の人に料理をする理由を聞いたところ、「節約のため」が66.3%と最も多く、他の選択肢を大きく引き離す結果となった。続く2位には「健康のため」40.2%、3位には僅差で「自分で作った方が安心・安全なため」39.6%となり、多くの主婦は節約と健康・安全のために料理をしていることがわかった。

Q3.購入した加工食品やお惣菜・お弁当をどれくらいの頻度で食卓に出していますか

購入した加工食品やお惣菜・お弁当を食卓に出している頻度を聞いたところ、「週に1日程度」と回答した人が21.2%と最も多く、次いで「月に2〜3日程度」が19.0%、「週に2〜3日程度」が16.3%という結果となった。また時間の制約のある兼業主婦でも「週に1日程度」に抑えている人が多いことがわかる。子どもを持つ主婦の人は加工食品やお惣菜・お弁当に頼らず料理していることがうかがえる。

Q4.あなたが子どもと一緒に外食する頻度をお答えください

子どもとの外食頻度について聞いたところ、全体では「月に1日未満」が25.8%と最も多いことがわかった。また、同居している子どもの学年別に見ると、「3歳〜未就学児の子ども」及び「小学生の子ども」を持つ方は「月に2〜3日程度」がそれぞれ26.9%、25.9%で最も多い一方で、「中学生の子ども」及び「高校生の子ども」を持つ人では、「月に1日未満」がそれぞれ31.1%、37.4%と最も多い結果となった。同居している子どもの学年が上がると一緒に外食する回数が少なくなる傾向があると言えるだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ