みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >昔ながらのタイプライターの打鍵音を…

昔ながらのタイプライターの打鍵音を再現した、ビンテージ感溢れるキーボード『Azio Retro Classics』(2018.01.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パソコンのキーボードは、キータッチ音を抑える静穏化が、トレンドとして続いている。その一方で、往年のタイプライターの打鍵音をあえて復活させた、懐古趣味をくすぐる製品もいくつか出ており、特に米国ではファンを集めている。

 そうした製品のひとつに、デザイン志向の周辺機器メーカーであるAzio社(米国)が開発した『Azio Retro Classics』(エイジオ レトロ クラシック)がある。

『Azio Retro Classics』は、単にタイプライターの打鍵音を再現するだけの一発芸的なガジェットではない。レトロ感を醸し出しながらスタイリッシュな、これまでにない重厚なデザインを目指した製品となっている。

 ラインナップは、『Retro Classic Artisan』(カッパー色と黒)、『Retro Classic Onyx』(黒)、『Retro Classic Posh』(カッパー色と白)の3種。色を除けば、性能・価格(2万4800円)は同一である。

 筆者は、『Retro Classic Artisan』をさわらせてもらったが、まずその重さにびっくり―約1.5kgあるという(市販の通常のキーボードの約3倍)。その理由は、キーボードフレームに亜鉛アルミニウム合金を使い、トッププレート(上面部)には本革をはりこんでいるなど、軽さ優先のプラスチック製キーボードとは真逆の発想で作られているから。部材の接合に六角ボルトを使い、磨き上げたアルミのロゴプレートが方向キーの上にあるのも、同じ理由である。インテリアとしても見映えがするほどかっこよく、ヴィンテージ感もあることを優先しての、この重量であることを理解する必要がある。合金フレームは、磨いてから黒のクローム(またはサテンの銅仕上げ)にメッキ処理するという手間をかけており、腐食はしないが、長く使用すると味が出てくる。


本製品のこだわりを象徴する、六角ボルトで締めたロゴプレート

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。