みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >使わなきゃ損!?日本初の配送料無料ト…

使わなきゃ損!?日本初の配送料無料トランクルーム『AIR TRUNK』登場(2018.01.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自宅の収納スペースに収まりきれない、ふだん使わないモノをしまっておけるトランクルーム事業が活況を呈している。ネット通販で好きなモノを「大人買い」する人が増えていることも背景にあって、トランクルーム需要は当面伸びそうで、業者間の競争が過熱し始めている。

 トランクルームにしまった私物の出し入れは、契約した本人が行うのが原則で、業者に頼める場合でも別途料金がかかるのがふつう。この常識に風穴を開けたのが、エアトランクが提供する『AIR TRUNK』。これは、トランクルームに入れる・出すを、追加料金なしで代行してくれるというもので、日本初のサービスとなる。具体的には、預けたい荷物がある場合、集荷を依頼する。これを受けて、スタッフ(サービスクリエーターという)が来て、荷物を引き取り、トランクルームに搬入する。逆にトランクルーム内の荷物が必要なときは、サービスクリエーターが搬出して自宅までもってきてくれる。月当たりの搬入・搬出回数に上限はなく、これ自体に料金はかからない(ただし、個数制限あり)。

 搬出入とは別のサービスとして、トランクルーム内の特定の荷物の処分、自宅以外の住所への発送代行も行っている。トランクルーム内のゴルフセットをゴルフ場に運んでもらい、終わったらまたトランクルームに戻してもらうことで、行き帰りは手ぶらで済ませられるのも、『AIR TRUNK』ならではのメリットといえる。さらに、衣類・布団のクリーニング、預けた荷物の買取り、処分もできるという。サービスによって配送伝票を書く必要はあるが、ほとんどの手続きは、ウェブフォーム上で完結して手間も少ない。ここまでくると、自宅の収納スペースの延長といっていい。

 料金は、スペースに応じて所定の月額保管料がかかる仕組み。例えば最小の0.2畳(高さは0.9m)だと月額5800円(税別)、1.0畳(高さは1.8m)だと1万4800円(税別)となる。0.2畳は、ゆうパックのいわゆる120サイズが7個入り、意外とゆったり使える。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。