人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

一番高く売れるのはどこ?古書のネット買取サービス5選

一番高く売れるのはどこ?ネット古書買取サービス5選

引っ越しや大掃除の際に、扱いに一番困るのが書籍やコミックではないだろうか。「もう読まないだろう」とわかっていながらも、ごみとして捨てるのは気がとがめるし、かといって引っ越しの荷物に加える気にはならない。そこで、少し面倒に思いつつ、誰もが知っている大手古書チェーン店に買い取り査定をしてもうらったら、びっくりするような安い金額を提示され、「これなら死蔵したほうがマシ」という経験をした人は多いと聞く。実際、筆者も真新しい近刊書を約100冊査定してもらったら、平均単価50円×100冊=約5000円という査定額となり、気持ちが萎えて引き上げたことがある。

実は、古書買い取りは「大手が高くて安心」とは必ずしも言えない世界で、むしろインターネットで買取・販売に特化したところの方が、査定額が良いことが多い。

今回は、買い取り額や使い勝手の点で総合評価して優良と考える、ネット古書買い取りサービス会社を5つ紹介したい。

駿河屋

駿河屋

「より早く!より高く!」をモットーとするだけあって、査定額は非常に良心的。一般的なビジネス書や専門書については、発売2か月以内の近刊で状態が良ければ、定価の35%以上買い取りをうたっている。また、学生顧客層のボリュームが厚いため、大学受験参考書の買い取りに特に積極的で、例えば大学の医学部の赤本が最新版であれば、1000円での買い取りを明言している。特徴的なのは、1980~2000年代に休刊したコミック雑誌やゲーム雑誌の買い取りを強化している点。お父さん世代は、押入れの中を探してみてはいかがだろうか?意外な宝物を掘り出せるかもしれない。

ブックステーション

ブックステーション

奈良を拠点とした企業で、実店舗を持たずインターネットのみで古本の買取・販売を行っている。そのため、リアルストアも運営する競合に比べ、固定経費が少なく済み、相場より高めの買い取りを可能にしている。また多くの店が導入しているポイント還元はしない代わりに、現金還元主義を貫いており、顧客満足度は高い。コミックについては、全巻セットであれば少し古めのものでも、高価買い取りをしてくれる。

バリューブックス

バリューブックス

「専門書の買い取りに絶対的な自信があります」というスローガンのとおり、医学、法律、コンピュータ関連などの専門書籍を査定する専門スタッフを置き、各専門書の価値・需要に見合った適正買い取りをセールスポイントとしている。「本によっては、古本買い取り価格が他店の10倍、20倍になる」こともあるそうで、大量の専門図書の処分を考えるのであれば、ここがベストとなるだろう。逆に文芸書や新書は不得意分野で、買い取り価格は安めになる可能性があるので、バリューブックス社が運営するもう一つの買い取りサービスであるVabooを併用するとよいだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ