人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

折り畳める〝チェーンレス自転車〟は普及するか?

■連載/鈴木拓也のクラウドファンディング・ウォッチャー

チェーンのない自転車、その名も『チェーンレス』(Chainless)が、キックスターターで絶賛資金調達中となっている。果たしてどんな自転車なのか、チェックしてみよう。

通常であれば、自転車の駆動に絶対不可欠と思われているチェーンだが、自転車が発明された19世紀にヒットした『ベロシペード』は、「ペダルを1回転すると、前車輪が1回転する」直接駆動方式を用いており、チェーンという概念はなかった。そのため、速度を出すには、とにかく前車輪の直径を大きくする必要があり、開発上の限界があった。1879年に、チェーン駆動式自転車が発明されると、こちらが駆動方式のスタンダードとなり、現在に至る。今は、丸石自転車などが、チェーンを使わない「シャフトドライブ」式のシティサイクル(いわゆる「ママチャリ」)を発売しているが、価格に対してメリット感が伝わりにくいのか、あまり普及していないのが実情。

香港出身の米国人、ショーン・チャン氏がキックスターターで資金を募っているのは、「シャフトドライブ」式ともまったく異なる駆動方式で走る、チェーンのない自転車。駆動機構は後輪部に集約しており、要となるのはタングステン製のギア。そしてペダルも後輪部にあって、ギアを直接駆動させる形で漕ぐ。チェーンが発明される前の自転車に先祖返りしたかのような印象を受けなくもないが、しっかりと変速機もついており、汗だくになりながらノロノロと走る、ということはない。さらに旋回性能が増しており、狭い路地でのカーブも容易になっている。また、制動機構として、ディスクブレーキが前後に付いている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ