人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

かえって逆効果?効果が期待できない5つの節約法

 

しっかりとお金を貯めるには「収入を上げる」と「支出を減らす」ことが必要だが、収入の大幅な増加は、誰でも簡単にはできないのが現実。となると、「支出を減らす」=「節約をする」に力点を置くことになる。

しかし、多くの人が励んでいる節約策のなかにはむしろ「逆効果」となるものがあり、これを改善しないと貯金はできないというのが、ファイナンシャルプランナーで(株)マイエフピー代表取締役の横山光昭氏。横山氏の近著『節約の9割は逆効果』(朝日新聞出版)では、節約しているつもりでも、そうはならないやり方がいくつも挙げられている。その中から5つピックアップして紹介しよう。

節約の9割は逆効果

●クレジットカードは損をしやすい

リボルビング払いができたり、ポイントがついたりと、何かと得した気分になれるクレジットカード。ところが、「家計の収支(キャッシュフロー)が見えにくい」という大きな問題がある。月々の返済額が2万円でも、実はリボルビング払いが多くて、実質残高は数十万円もあるような場合がまさにそう。「借金」の真の姿が見えにくいので、なかなか貯金体質へと変われない。

●食費は「ちぐはぐな節約」になりがち

2010年代に入ってから、多くの世帯のエンゲル係数(家計の消費支出に占める食費の割合)が上昇している。ひとつには消費税の8%へのアップがあるが、原発事故や食品偽装問題から、少し高くても安心・安全な食材を求める人が増えたのも大きい。しかし、あまりにこだわりすぎて家計を圧迫していないか注意する必要がある。また、食べるものにこだわりがある世帯に限って、外食となると無頓着になりがちな点も見過ごせない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ