みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >クラウドファンディングで大ブレーク…

クラウドファンディングで大ブレークした極小サイズのハイスペックPC『GPD Pocket』(2018.01.12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10年ほど前に流行した、ウルトラモバイルピーシー(UMPC)。タブレットやスマートフォンの登場で、一時は忘れられた感があったが、クラウドファンディング発の製品がブレイクして、復活のきざしがある。

その製品の名は『GPD Pocket』。ゲーム機器の開発で知られる、中国のGPD Technology社が開発した超小型パソコンで、まずは米国のクラウドファンディング『Indiegogo』で支援を募った。これが、目標額の1520%超(318万2160ドル)の成功を収めて、大きな注目を浴びた。

このヒット商品を日本で取り扱うのが、半導体商社のエム・シー・エム・ジャパン(株)。現在、日本の大手クラウドファンディング『Makuake』にてプロジェクトを展開している(7月28日終了)。目標額500万円に対して、既に1600%超の約8,100万円を確保しており、ブレイク街道を驀進している。

大成功の秘密は、超小型サイズを実現しながら、高性能のスペックを両立させていること。一昔前のUMPCによくあった、「とても小さい。でも性能もそれなり」という、ちょっと残念なものではない。サイズは、幅・奥行きは180mm×106mm、高さは18.5mm、重さ480gで、ディスプレイは7インチ。タブレットのように気軽に持ち運びができる。


PCとは思えない極小サイズの『GPD Pocket』

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。