人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

〝鈴木さんの鈴木さんによる鈴木さんのための日本酒〟って?一度飲んでみたいクラウドファンド地酒5選

今まではガジェットやアイデア商品が主流であった、日本のクラウドファンディングのプロジェクトだが、最近は食品・ドリンクのプロジェクトが増加している。その中でも特に目立ち始めているのが「お酒」。

今回は、国内クラウドファンディングの最大手「Makuake」に登場し、注目を浴びている個性満点、国産のお酒を5種類厳選した。

●『鈴木』(KURAND)

寒梅酒造(埼玉県久喜市)の杜氏鈴木隆広氏が造り、一升瓶のラベルは著名書道家の鈴木猛利氏がしたためた、「鈴木さんの鈴木さんによる鈴木さんのための日本酒」というコンセプトで作られたのが、『鈴木』という銘柄のお酒。企画を立ち上げたのは、日本酒の通販・店舗運営サービスを手掛ける「KURAND」(クランド)。

決してウケねらいの冗談企画ではなく、全国で2番目に多い苗字であり、自分の苗字でもある「鈴木」という銘柄を付けることで、醸造家自らに良い酒を造るというプレッシャーをかけたという。約180万人いる鈴木さんを含め、「すべての人が美味しいといってくれるようなバランスのとれたお酒」を目指した。原料米には、地元久喜産の『彩のかがやき』のみを使用し、「火入れ」を一切行わず酵母菌を生かしたこだわりの「生酒」に仕上げた。

おそらく鈴木さんばかりではないだろうが、『鈴木』は651人もの支援者を集め、プロジェクトは大成功を収めている。


『鈴木』

●『愛米魅ゆずシングル・セル』(西堀酒造)

『愛米魅』は、「I MY ME」の語呂合わせも兼ねて「あいまいみー」と読む。明治5年創業の老舗が、地元の栃木県小山市産の古代米である「赤米」と「緑米」から醸造した酒をベースに、同じく地元農園のゆずの果汁を加えてできたリキュールである。

古代米の酒は相当珍しいもので、味も非常に個性的。その摩訶不思議なテイストから、左党からは「日本酒とは思えない」とか「変態的な味(笑)」などと絶賛を浴びていた。これに「シングル・セル化技術」という、細胞膜を壊さずに果汁を抽出する特殊な方法で絞ったゆず汁を加えたものだから、その味わいはまさに未知との遭遇。

「Makuake」でのプロジェクト展開は、2017年9月末までとまだ余裕があるので、「飲んでみたい」という方はぜひ支援しよう。


『愛米魅ゆずシングル・セル』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ