人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.12

冷えに悩む人の平均体温を上げるべく開発された+mediの『ON!活スープ』

「冷え」に悩む現代人におすすめの『ON!活スープ』とは?

「冷えは万病のもと」と昔から言われているように、身体の冷え(体温の低下)は、肩こり、眼精疲労、むくみといった身体のトラブルから、薄毛やしみのような美容上の問題まで、多くの健康トラブルの素因となる。

人間の最適体温は37℃とされており、昭和32年の日本人の平均体温は36.9℃であった。それが今では36.1℃へと、1℃近くも低下している。そのため、夏の暑い盛りでも、冷えからくる諸症状に悩まされている人が増えている。

体温が1℃落ちるだけで、免疫力は30%、基礎代謝は最大20%も落ちる。免疫力が低下すると、風邪などの感染症にかかりやすくなり、基礎代謝が低下すると肥満になりやすくなる。便秘や「血液ドロドロ」も冷えと関係があるとされ、まさに「冷えは万病のもと」である。

インクロムプラス(株)(大阪府)の健康食ブランド『+medi』(プラスメディ)が、5月中旬にリリースする『ON!活スープ』は、まさに冷えに悩む現代人の平均体温を上げるべく開発された「温活」レシピ。電子レンジで温める冷凍カップスープで、7種類のバリエーションがあり、全国約200の量販店で発売が予定されている。単価は580円(税別)。

発売前の冬期に行われたモニター実験(被験者50人)では、7種の『ON!活スープ』を日替わり(1日1つ)で28日間、自宅で摂取してもらい、実験前・実験後の平均体温を調べたところ、36.14℃→36.35℃と0.21℃の上昇効果があったという。そして、より長期の『ON!活スープ』摂取により、これ以上の体温上昇が期待できると考えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ